「今はダメだよ!」男性が触ったら嫌がるポイントを紹介

拡大画像を見る

男性をときめかせるのに効果的なボディタッチ。しかしタイミングを間違えると、男性に嫌がられ逆効果になる恐れがありますよ。今回は、男性が触ったら嫌がるポイントをご紹介します。


外出先でベタベタ触る

外出先で手をつなぐくらいなら許されますが、ベタベタとボディタッチすると嫌がる男性が多いです。大勢の人が行き交う中で触られると、人目が気になり落ち着かないんです。恥ずかしくなり、冷たい態度になる可能性もありますよ。男性にボディタッチしたいなら、2人きりのタイミングを狙うとよいかもしれません。


友人や同僚の前で触る

友人や同僚の前で触られるのも、嫌がる男性は多いですよ。後からネタにされ、からかわれる可能性があるためです。男性はシャイな人が多いため、からかわれるのを避けたいのかもしれません。友人や同僚の前でもお構いなしに触ってばかりいると、男性の心が離れる恐れも。人前で触るのは極力避けたほうがよいでしょう。


仕事モードのときに触る

男性はオンオフの切り替えがはっきりしているため、仕事モードのときは他のことを考えられない人が多いです。仕事に没頭しているときにボディタッチされると、その女性を鬱陶しいと感じることも。仕事の邪魔をされた気分になるのかもしれません。男性が仕事モードのときは、仕事に専念させてあげてくださいね。


何かに集中しているときに触る

テレビを観ていたりゲームをしていたり、何かに集中しているときに触れられるのを嫌がる男性も多いです。男性は一度に複数のことをこなすのが苦手な傾向にあります。横からボディタッチされると集中を妨げられた気分になるのでしょう。「せっかく集中していたのに」とモヤモヤし、その女性への好感度が下がるかもしれません。男性が何かに集中しているときは、邪魔をせずそっとしてあげてくださいね。

今回は、男性が触ったら嫌がるポイントをご紹介しました。これらのタイミングを避けて、男性に喜ばれるボディタッチをしましょう。効果的に男性に触り、2人の仲を縮めてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 9/30 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます