大久保佳代子、新婚の有吉に「いつまで祝われてるんだよ?」のガチクレーム!

 9月29日放送の特番「有吉×怪物」(日本テレビ系)にて、MCの有吉弘行に他の出演者が総ツッコミを入れる場面があったようだ。

 同番組は、常人では成し得ない偉業や発想で世間を驚かせた“怪物”と呼ばれる人物の正体に迫る、ドキュメンタリー形式のバラエティ番組。最初に登場した背景画家の島倉二千六氏は映画界の怪物と呼ばれており、「シン・ゴジラ」など様々な作品で写真を超えるリアリティを持つ背景を60年以上も描き続けてきたという。

 御年81歳の島倉氏は、背景画家など撮影所の仕事は陰の中の陰の仕事であり、表に出るようなものではないとしつつ、今回の出演で有吉に会えたことを喜んでいる様子。スタジオには青空に浮かぶ入道雲を描いた水彩画を持参し、「有吉さんにプレゼントします」と驚きの一言だ。

「思わぬ結婚祝いに有吉は『やった!嬉しい!』と大喜び。指原莉乃が『いいなあ!』と言えば、バカリズムは『このスタジオで初めて羨ましいと思いました』と、プレゼントをもらえた有吉をイジっていました。しかも今回、有吉がもらったプレゼントはこの絵だけではなかったのです」(テレビ誌ライター)


 次に登場したのはレディー・ガガに衣装を提供し、東京五輪の授賞式でおなじみとなったオレンジ色のポディウムジャケットもデザインしたファッションデザイナーの廣川玉枝氏。ほとんどテレビを観ないという廣川氏だが、有吉のことは猿岩石時代の「進め!電波少年」で観ていたとのことで、「有吉さんがご結婚されたというお話でプレゼント」として制作した一品物のトートバッグがスタジオに登場した。

「二個目のプレゼントに指原が『なんでまた?』と羨めば、大久保佳代子は『いつまで祝われてるんだよ!?』とガチなクレームを入れていました。たしかに“怪物”と呼ばれるほどの大物が登場しては次々と有吉に結婚祝いのプレゼントを贈る様子には、『有吉反省会』から引き続いて出演している共演者たちも《なんで有吉だけ?》と文句の一つも言いたくなったのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 結婚記念のトートバッグには孫悟空に模した有吉に加えて三蔵法師に模した夏目三久アナの姿も描かれ、廣川氏は「夏目さん」と紹介。テレビ関係者がめったに言及しない新妻・夏目アナの名前を躊躇なく口にするところもまた、怪物らしさの表れだったのかもしれない。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 10:56
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます