平手友梨奈 大胆不敵なスタイル披露、ジャンルを超えて活躍も「基本的にすべてが苦手」

拡大画像を見る

平手友梨奈が、『VOGUE GIRL』(コンデナスト・ジャパン)の人気企画「GIRL OF THE MONTH」に登場。大胆不敵なスタイルで都会を生き抜く反骨精神を表現している。




インターナショナルなモードやトレンドに敏感な女性たちに、スタイルを持った生き方を提唱する新世代WEBマガジン『VOGUE GIRL』では、毎月最も気になるガールにクローズアップする企画「GIRL OF THE MONTH」を連載中。毎月、『VOGUE GIRL』の世界を表現するカバーガールを迎え、オリジナルのファッションストーリーを動きのあるコンテンツで配信している。


2021年9月のカバーに登場したのは、女優、歌手として活躍する平手友梨奈。欅坂46のメンバーとして全シングル曲でセンターを務め、アイドルとして不動の人気を確率。2020年にソロ名義でリリースした『ダンスの理由』に続き、2ndデジタルシングル『かけがえのない世界』を発表。女優としても初主演映画で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、規格外の存在としてクリエイティブの高みへと挑み続ける彼女が『VOGUE GIRL』では、エッジの効いた大胆不敵なスタイルを披露。ストイックなブラックスタイル、釘のモチーフのジュエリー、針やスタッズで装飾されたアヴァンギャルドなドレス、反骨精神を投影したボンデージパンツなどをまとい、「東京」という街で挑戦を続ける、孤高な精神を表現する。


担当した『VOGUE GIRL』エディターは、「不器用なまでに真っ直ぐに自分自身と戦い続ける彼女の魅力を、パンキッシュなブラックスタイルでストレートに表現しました。ビルの屋上での撮影では、はしごを軽快によじ登ったり、飛び降りたりと、その運動神経の良さにも驚きました」と語る。


また平手友梨奈は、「どのスタイリングも強い個性があり、印象的でした。初めてのスタッフさんでしたが、想像もしなかった現場での化学反応を楽しめました」と撮影を振り返った。さらに、『VOGUE GIRL』恒例の動画インタビューと撮影のメイキングシーンでは、20歳になってした大人なこと、自分へのご褒美など、素顔を伺える質問に答えている。


<以下インタビューぺージより抜粋>

――歌、ダンス、演技とジャンルを超えて活躍されていますが、そんな平手さんでも「これは苦手だな」と思うことは?

基本的にすべてが苦手。得意なものって本当にないんです。結局、苦手を克服するのって場数でしかないと思っていて。いろんな現場を経験することによって、気づきや学びがある。それが成長に繋がっていくんじゃないかと。なので、いかに多くの現場を経験できるかは常に意識しています。


――これから始まる20代を、どう過ごしていきたいですか? 目指したい女性像などはありますか?

この人素敵だなって思う女性はたくさんいるんですが、自分がそうなるためにはもっと勉強が必要なのかなと思います。経験値が少ないからこそ、人より多く練習したり、下調べしなきゃいけないなと。


――今、新たに挑戦したいことがあれば教えてください。

バンジージャンプですね。ずっと高い所は平気だと言ってるんですけど、1回もオファーが来たことがなくて。面白いリアクションがとれないからかな(笑)。でもやってみたい気持ちはあるので、プライベートでもいいから挑戦してみたいです。




VOGUE GIRL PHOTO:SARAI MARI @ SLITS © 2021 Condé Nast Japan. All rights reserved.

関連リンク

  • 9/30 10:57
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます