月を楽しむための情報が満載!『月のこよみ2022』が新発売


誠文堂新光社から『月のこよみ2022』が、10月8日(金)より発売される。

月を愉しむための情報が満載!


『月のこよみ2022』1,100円(税込)は、1年365日、毎日姿を変えていく月を、実際に眺めて愉しむためのガイドブック。


満ち欠けの様子が一目でわかる2022年の「月の満ち欠けカレンダー」をはじめ、旧暦、二十四節気、毎日の月の出没時刻、毎月の星空、古来日本での月の呼び名など役に立つ情報を収録。


また、毎月それぞれ、その月に見ておきたい美しい月が見られる「おすすめお月見日和」の項目では、美しい月が見て楽しめる日時と、その様子が紹介される。

2022年のお月見日和をチェック

2022年の「おすすめお月見日和」として2夜、チェックしていこう。


まず1夜目は7月14日(木)のスーパームーン。スーパームーンの大きな月が、南寄りの東の空から昇り、夏の夜空でいつもより明るく輝く。

2夜目は11月8日(火)。この日は日が暮れてすぐに、東の空で月食が始まり、夜の7時過ぎに「皆既月食」が起こる。2021年の11月8日(月)には、月が金星を隠す「金星食」が起こる。偶然だが、2年続けて11月8日が、月を楽しむのにおすすめの観月日となっている。

月は、天体望遠鏡や双眼鏡などの特別な道具がなくても、誰もが眺めて愉しめる身近な星。『月のこよみ2022』を読んで、毎日姿を変えていく月を眺めてみては。

画像をもっと見る

  • 9/30 10:57
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます