4日間漂流した母子3人 自らの命を犠牲に母乳で子供を生還させた母親(ベネズエラ)

拡大画像を見る

ベネズエラのミランダ州イゲローテからカリブ海北部のトルトゥーガ島へ向けて進んでいた海洋レジャー用小型船舶“トール号(vessel Thor)”が3日、大きな波を受けて難破した。

小さな救命ボートで脱出したマリエリ・チャコンさん(Mariely Chacón、40)とその息子ホゼ・ダビデ君(Jose David 、6)、娘のマリア・ベアトリス・カンブラー・チャコンちゃん(Maria Beatriz Camblor Chacon 、2)、そして乳母のヴェロニカ・マルティネスさん(Verónica Martinez、25)は4日間の漂流の末、7日に沿岸警備隊によって救出された。この時、マリエリさんはすでに息を引きとっていた。

救出の3~4時間前に亡くなったとみられるマリエリさんは、炎天下の海上でなんとか子供たちに水分を与えようと自らは尿を飲み、子供たちに母乳を与え続けていたそうだ。

そんな母にしがみつくようにして発見された子供たちは、衰弱していたものの母乳で命をつなぎとめていた。また強い日差しを避けるためクーラーボックスに身を隠していた乳母のヴェロニカさんも生還し、3人は強い脱水症状と1度の熱傷などがありすぐに病院へと搬送された。

マリエリさんの死因は強い脱水症状による臓器不全であると公表されたが、ペルーの地元紙『La República』は法医学関係者の検分より「マリエリさんの臓器は(脱水による)電解質の減少によって崩壊していた。授乳によって脱水症状が加速したことが原因だろう」と、子供への授乳がマリエリさんの命を縮めたことを報じている。

ベネズエラの国家海事局(INEA)はこのたびの悲運の事故に関して、以下のように詳細を発表した。

「9月3日午前9時30分、海洋レジャー用小型船舶“トール号”が9月5日を帰港予定とし、イゲローテからラ・トルトゥーガ島に向けて出港しました。」

「9月5日午後11時頃、港当局から『トール号が目的地に到着できなかったか、出港場所に帰港できなかった』と連絡が入り、我々は捜索活動を開始しました。」

「9月6日午後6時20分、ラオルチラ(La orchila)島沖で漂流している小型の白い船を発見したとの報告を受け、捜索範囲を変更しました。」

「9月7日午後2時10分、沿岸警備隊により4人(うち2人は子供)が救助されました。」

「このたびの悲劇による犠牲者家族の皆様の心痛をお察し申し上げます。」

続けて広報担当者がマリエリさんの死因や自らを犠牲に子供たちを助けようとした点に触れ、「もし船に無線機やGPS、あるいは照明弾などがあれば、生存の可能性は高かった」とも明かした。

マリエリさんの父ウンベルト・チャコンさん(Humberto Chacón)によれば、この船旅は子供たちを楽しませるための家族旅行だったそうだ。

マリエリさんの夫で、この船の船長を務めていたとされるレミス・ダビデ・カンブラーさん(Remis David Camblor)を含めた他5人の行方はいまだに分かっておらず、当局は「生存の可能性は低い」とみている。

パンデミックの影響を受け、マリエリさんの葬儀は11日にYouTubeを通じて執り行われた。自らの命を犠牲に我が子を守り抜いた母親に、人々からは惜しまぬ称賛と冥福を祈る声がこのように相次いだ。

「母親の鑑だ。」
「神はあなたの善行を見ているはず。安らかにお休みください。」
「子供のためなら、母親は何だってできるんだ。」
「あなたに(生前)お会いできなくて残念です。あなたの最期の瞬間が、あなたが素晴らしい心の持ち主であると物語っています。」

画像は『Metro 2021年9月17日付「Shipwrecked mum dies at sea after drinking own urine to save her children」(Picture: Mariely Chacon)(Picture: INEA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

関連リンク

  • 9/30 10:31
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます