母「シャツの柄、恐竜はどう?」 息子「絶対に嫌だ」 その理由に爆笑!

拡大画像を見る

子供時代は、好きなことに没頭できる時間がたっぷりとあります。

車、ロボット、特撮ヒーローなど、好きなことを見つけては熱心に調べて『博士』といえるほど詳しくなる子供も多数です。

中でも、ハマり甲斐があるのが『恐竜』です。

種類が多い、大きくて強い、ビジュアルがかっこいいなど、子供が憧れるには十分な理由があります。

あなたの周りにも『恐竜博士』はいたのではないでしょうか。

ある日、noca(@C0000309)さんは小学生の息子さんのインナーシャツを選んでいました。

シャツの柄について、息子さんに「恐竜はどう?」と聞いてみたところ…。

「嫌だ。体育の着替えの時に恐竜だとバレたらかけ寄ってきて、 すべての恐竜の名前や特徴を解説し始めるやつがクラスに2人もいて、絡まれるから恐竜柄は絶対に嫌だ」

理由が明確すぎて何もいえません!

『絡まれる』という表現と、『2人もいる』というのが強烈で面白いですね!

息子さんのこの返答は、Twitterで12万件の『いいね』を集め、多くの人の共感と笑いを誘いました。

・2人のうちの1人は、うちの次男かもしれません…。

・いつの時代にも博士はいますよね。

・すでにリスクマネジメントができててすごいです!

好奇心旺盛な、子供たちの知識欲の深さには驚かされます。

特に恐竜は、遥か昔に絶滅しており、未だ謎に包まれている部分が大半をしめているため、議論の余地も尽きないのでしょう。

もしも恐竜柄のシャツを着ていたら、2人の博士に挟まれ、着替え中に解説のボード役になる息子さんの姿が、容易に想像できてしまいますね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @C0000309

関連リンク

  • 9/30 10:12
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます