岸田氏 総裁になって初の妻のお好み焼き「一生忘れられない美味しさ」と感謝

拡大画像を見る

 自民党の新総裁に選出された岸田文雄氏が29日、ツイッターを更新。妻が夜食に好物のお好み焼きを作ってくれていたことを報告し「一生忘れられない美味しさでした」と感謝をつぶやいた。

 岸田氏は29日午後7時27分に、総裁就任後初ツイッターを投稿。総裁の椅子に座り、一緒に戦った他の3候補、一緒に戦った仲間への感謝をつぶやいていた。

 その後、深夜12時近くにお好み焼きの写真をアップ。「帰宅すると、妻の裕子がお好み焼きを作ってくれていました。インスタライブで私が『妻の作ってくれるお好み焼きが大好きです』と言っていたからです」と説明。

 そして「いつも最高に美味しいけど、今日は、一生忘れられない美味しさでした。ありがとう」と妻への感謝をつづっていた。

 この投稿には2000件以上のリプが寄せられ、今後の岸田“総理”への期待の声があふれていた。

関連リンク

  • 9/30 10:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます