五輪選手村マンションの住み心地は?札幌、長野で現地レポート

拡大画像を見る

 五輪・パラリンピック開催中は、各国選手団の宿舎として使用されていた選手村。東京・晴海にある21棟の建物も今後はマンションとして転用されることが決まっており、一部はすでに販売済みです。

 実は、過去に日本で開催された72年札幌、98年長野の2度の冬季五輪での選手村も大会終了後は、それぞれ一般向けの住宅として転用。でも、気になるのは選手村マンションの立地などの環境面や物件としての住み心地。そこで実際に現地を訪れ、住んでいる方たちに話を聞いてみました。

◆札幌冬季五輪の選手村は、市内最大規模の団地に

 まず訪れたのは、札幌冬季五輪の選手村があった札幌市南区の真駒内(まこまない)地区。近くには真駒内セキスイハイムスタジアム、コンサート会場として有名な真駒内セキスイハイムアリーナのある真駒内公園がありますが、いずれも当時の五輪のメイン会場。敷地は84.7ヘクタールと広大で、現在は地元住民たちの憩いの場となっています。

 最寄り駅は札幌市内を縦断する市営地下鉄南北線の終点・真駒内駅。五輪開幕に合わせて開業され、駅周辺は山ばかり。そこを切り開いて土地を造成したようです。

◆マンション型や団地風の集合住宅が並ぶ

 一帯には戸建ての住宅はほとんどなく、あるのはマンション型や団地風の集合住宅ばかり。「五輪団地」と書かれたプレートや案内板があちこちにあり、ここが選手村だったことがわかります。

 ただし、建物はいわゆる典型的な団地っぽい造りが多い一方、当時としてはかなり斬新だったと思われるモダンなマンションも。正直、築50年とは思えないほど立派で、当時としては最先端の技術を用いて建てられたのでしょう。

◆分譲3DKで600万円台 賃貸1LDK~3DKで3~5万円台

 ちなみに真駒内団地は、分譲価格の相場は3DKで600万円台。賃貸用の空き物件はUR賃貸住宅などのサイトで紹介されており、それによると間取りは1LDK~3DKで家賃は3~5万円台。

 実際に家族3人で住んでいる鈴木直美さん(仮名・32歳)は、「築年数は経っているけど、室内はリフォームされていますし、そこまで古さは感じません」と言います。

 それに交通の便も良く、札幌中心部までは地下鉄で20分程度。しかも、始発駅なので朝のラッシュ時でも座って行くことができるそうです。

「ただ、団地内にスーパーやコンビニはありますが、大きな商業施設はないですね。それでも買い物は車で行くことが多いため、特に不便は感じないです。あと、真駒内は札幌市街地では山側にあるけど、定山渓温泉には近いんです。ウチは夫婦揃って温泉好きなのでそこはいいかなと思っています」

 マイホーム購入までの繋ぎとして考えているのか、意外と若い家族が多く住んでいる様子。築年数の割には建物もしっかりしており、室内もキレイで優良物件として地元でも人気があるようです。

◆長野五輪の選手村は、デザイナーズマンションだらけ?

 そして、次に訪れたのが長野冬季五輪の選手村。長野市の中心部から南西に7キロほどの場所に位置し、かつて上杉謙信と武田信玄が幾度となく戦いを繰り広げた川中島の近くです。現在は「今井ニュータウン」という名前で、3000人近くが暮らす新興住宅地になっています。

 ニュータウンの入口にはJR今井駅があり、長野駅までは約10分。日中は1時間に2~3本ですが、朝7時台には6本運行(※21年9月現在)されており、通勤に車ではなく鉄道を利用する住民の方も多いとか。また、街の中心部に向かうバスもあり、交通の便もまずまずのようです。

 今井ニュータウンは、およそ半数が国や長野県、長野市で働く公務員用の官舎で、残りが市営住宅に分譲住宅、民間企業用の社員寮という構成。

 どの建物も白を基調としながらも外観が異なり、デザイナーズマンションを彷彿とさせるスタイリッシュさ。建物の感じといい、日本というよりもどこか北欧のような雰囲気を漂わせます。

◆1LDK、2DK、3DK、4DKで家賃2万円台~6万円台

 なお、賃貸向けの市営住宅は、1LDK、2DK、3DK、4DKの4種類。家賃は間取りと世帯収入によって違うが2万円台~6万円台。地元の賃貸マンションの相場よりは安く、良心的な料金になっています。

「ウチの家族が入居している部屋は、外観のように凝った内装をしているわけではないですが住み心地は悪くないですよ」

 そう語るのは、同ニュータウンに住んで数年になる主婦の大山聡子さん(仮名・34歳)。自転車で10分圏内には西友やドン・キホーテもあり、買い物にも便利とか。

「2キロほど離れた国道沿いにも家電量販店やスーパー、ファミレスなどが揃っているし、長野市の中心部まで出なくても事足ります。特に不満はないため、このまま住み続けてもいいかなって夫とは話しています(笑)」

◆東京の選手村マンションは秋から発売再開

 東京五輪の選手村マンションは、この秋から発売を再開。改修工事の関係もあり、購入しても引き渡しの時期はもう少し先になりそうですが、物件自体の評判はかなり高いとのこと。

 周辺にはスーパーや商業施設、学校なども揃っており、住み心地は悪くない様子。都心からもすぐなので通勤にも便利そうです。

 札幌や長野の選手村マンションも住民の満足度は高いようですし、東京五輪の選手村マンションも予想以上に期待できるのかもしれませんね。

<文/トシタカマサ>

【トシタカマサ】
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。

関連リンク

  • 9/30 8:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます