2022年に使いたい「手帳」は?ライフログ、サステナ...最新デザイン4選

拡大画像を見る

巷では、2022年のダイアリーが出回り始めました。今年も各メーカー、趣向を凝らしたダイアリーを発売していますが、その中でも"その年らしさ"はあります。

2021年8月28日に行われたロフトの「2022ダイアリー展示会」から見えた、2022年手帳の傾向をレポートします。

時計グラフで予定管理

ロフトの担当者によると、2022年ダイアリーの傾向として大きく2つ挙げられるといいます。

ひとつめは「ライフログ」。2020年から続くテレワークが定着し、自分自身の時間をどう使うかと考える人が増えました。仕事、趣味、勉強、将来の夢、そのための準備など、人生全般の"記録"や"思考整理"に役立つ手帳が目立っています。

たとえば、日付から自分で記し"書く日もあれば書かない日があってもいい"という日記に近い形式の手帳も出ています(「PAGEM」のミネット)。ここまでくると"上級者向け"といえそうですが、文字もイラストもスタンプさえも、1ページを自由に使えるタイプが目立っているのは確かでしょう。

その中でもユニークなアイテムを見つけました。「ASHFORD(アシュフォード)」の「Pen-infoコラボリフィルパッドポーチ」です。

「構成プラン」や「時計式予定表」といった思考や行動の整理に便利なリフィルがついています。

「時計式」は12時間の時計式になっていると、どの作業にどれだけ時間を使っているのかわかりやすいですし、予定も一目でわかりますよね。また「構成プラン」は思考の整理によさそうです。

今まで自分で書いていた人もいるかもしれませんが、スケジュールと一体になっているのはありがたいです。

リフィルパッドポーチは8800円、時計予定表440円、等。

おしゃれ。だけどエコ

もうひとつ、2022年ダイアリーの特徴は「サステナ」です。SDGsを意識したサステナブルダイアリーがそろっています。

「マークス」の「ストレージ ドットイット」(各1650円)は、カバーに使用しているPVC(塩ビ)の60%にリサイクル素材を使っています。

デザインは、国内外で活躍するアーティストとのコラボが多く、種類も豊富でどれも個性的です。

「『エコです』と言われ使うのではなく、いいなと思って使うものがエコだった」となれるアイテム類でしょう。

また、「グリーティングライフ」の

「OKATAOKAダイアリー」

(各1100円)もそんな商品。森林認証紙と植物性インキを使っています。イラストレーターのオカタオカのコラボで、動物たちの可愛いデザインが光ります。

ロフトでも2021年9月から大規模でダイアリー展開をスタートしています。近くの店舗等で、来年の"相棒"見つけてみては?

関連リンク

  • 9/30 7:30
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます