同僚女性を「その気」にさせる告白シチュエーション9パターン

「同僚女性」に好意を抱いたとしても、職場での立場があるだけに、強引に恋愛モードに持ち込むのは難しいもの。「仕事仲間」の一線を越えてもらうには、どんなタイミングで告白するのが得策なのでしょうか。そこで今回は、20代から30代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「同僚女性を『その気』にさせる告白シチュエーション」をご紹介します。

【1】頼りがいと優しさを示せる「相手が仕事でミスしたとき」
「慰めるだけじゃなくフォローもしてくれて、一気に気持ちが傾いた」(20代女性)というように、相手が弱気になっているときに好意を伝えると、こちらの魅力を十二分に感じてもらえそうです。失敗をスマートに補って、できる男ぶりをアピールしましょう。

【2】完全なプライベートでないぶん話を持ち掛けやすい「退社時」
「職場の話題から徐々に恋愛の話になって、そのまま食事へ行きました」(20代女性)というように、仕事終わりに声を掛ければ、話の糸口を見つけやすいかもしれません。その日のうちに本題に入れなくても、これを契機に個人的な会話を増やせば、いずれチャンスが訪れそうです。

【3】少しいいお店に誘って告白にのぞみたい「ランチタイム」
「昼に交際を申し込まれたのが逆に新鮮で、ドキドキしてしまった!」(30代女性)というように、休憩時間を利用して単刀直入に伝えるのも、意外に好印象のようです。手軽に済ませたと思われないよう、職場の人が訪れなさそうな高級感のある店を探しましょう。

【4】今日は特別な日!と意識しているはずの「相手の誕生日」
「いいことあるかなと期待してる日に告白されたら、運命を感じるかも」(20代女性)というように、相手にとって特別な日を選ぶと、言葉以上の物を汲み取ってもらえるかもしれません。とはいえ、まだ「彼女」ではないので、高価な贈り物はやりすぎでしょう。

【5】会話が途切れたときが狙い目な「二人で会議の準備をしているとき」
「気まずい空気の中で意を決したように言われて、今まで気づかなくてごめん…と思った」(20代女性)というように、普段バカ話をする間柄なら、突然改まってみせるのも効果的でしょう。返事を保留にされても、相手がこちらを見る目は確実に変わりそうです。

【6】自然な急接近を演出できる「給湯室で居合わせたとき」
「至近距離で見つめられて、急に異性として意識するようになってしまった」(20代女性)というように、意図的に肩が触れるほど近づいて、「男」を感じさせる方法です。歯磨きや爪切り、ニオイ対策など、身だしなみを万全に整えてから接近戦にのぞみましょう。

【7】酔いと達成感でお互い気分が高揚している「打ち上げの帰り」
「飲んで気が大きくなってたから、思い切った返事ができたんだと思う」(30代女性)というように、仕事が成功したあとの飲み会では、向こうも大胆な気分になっていそうです。相手が前後不覚の状態なら、告白はさておき、介抱して好印象を残すのも手です。

【8】職場内の密室でドキドキを誘う「エレベーターで二人きりのとき」
「席に戻ったあとも心臓がバクバクして、めっちゃ動揺した(苦笑)」(20代女性)というように、密室空間でストレートに迫るのも、インパクト大のようです。ただし、相手とあまり親しくない場合は怖がられるおそれもあるので、別の方法が安全かもしれません。

【9】力を合わせることで親密度が急上昇する「一緒に残業しているとき」
「疲れた私を気遣ってくれて、恋愛関係になるのもいいな…と嬉しくなった」(30代女性)というように、絆が深まったタイミングだと、想いがすんなり届きそうです。あくまで業務優先で相手を思いやれば、「仕事と両立できそう」だと思ってもらえるでしょう。

告白によって関係がこじれる可能性もあるので、シチュエーションは慎重に選びたいところです。焦らず、最適なタイミングを待ちましょう。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 8:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます