オードリー若林が断言する「春日をハリウッド映画に出す」ための「3つの条件」

拡大画像を見る

 いま「才人」という言葉を聞いて、オードリー若林正恭(43)を思い浮かべる人は、かなりの数に上るのではないだろうかーー。

 本業での活躍ぶりはご存じの通りだが、2021年9月7日には、『星野源のオールナイトニッポン』にゲストで出演し、星野源(40)の『Popvirus』の弾き語りにMC.wakaとしてラップでコラボし、これが大絶賛。実は若林のラップは折り紙付きで、17年にmiwa(31)のアリーナツアーで横浜アリーナの大観衆の前でライブで披露し、大喝采を浴びたこともあった。

 エッセイ『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』を書けば、18年に権威ある斎藤茂太賞を受賞。まさに多方面での才能を誇る若林の新たな一面が、このたび明らかになった。

 9月25日深夜放送の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、相方の春日俊彰(42)について「自分がプロデュースすれば『アベンジャーズ』に出られる」と豪語する強気な姿を見せ、話題となっているのだ。

「若林は、“自分のことはわかんないけど、マジで春日を……初めて言うかもしれないけどお前をアメリカで売ることなんてできるんだからね”と、94年に『メジャーリーグ2』でとんねるず・石橋貴明(59)が出演したように、春日のハリウッド進出について語ったんです」(女性誌記者)

 若林によれば、以前、世界最大のスポーツイベントであるアメリカンフットボールのスーパーボウルをオードリーが取材した際、春日とアメリカ人の絡みを観察して、「ああ、もうアメリカで売れるな」と感じ、「そんなの全然できるから。『マーベル』にお前を出すことなんて」と、改めて春日に伝えたのだ。

「『マーベル』とは、アメリカを代表するスーパーヒーロー映画を中心とした巨大プロジェクト『マーベル・シネマティック・ユニバース』の通称。『アイアンマン』や『スパイダーマン』、『キャプテン・アメリカ』など、もはや知らない人はいないであろうアメリカヒーローの多くがその世界に所属し、オールスター作品が『アベンジャーズ』です。

 そこに春日が出るために、まず手始めとして、若林は英会話の勉強を提案していました(笑)」(前同)

■「お前をマーベルに出してアメリカの人気者にするなんて、俺にとっては朝飯前よ」

 若林によると、春日を映画に出演させるといっても、決してチョイ役ではないという。

「(『トイストーリー』の)バズ・ライトイヤーみたいなちょっとドジなヒーローなんだけど能力を持ってる(ってキャラで)お前をマーベルに出してアメリカの人気者にするなんて、俺にとっては朝飯前よ」

 としたうえで、「英語・リーゼント・ヒゲ」の3つが、春日がマーベル映画に出るための3大要素だと改めて指摘した。

「若林はスーパーボウルの現地取材の際、フィールドに世界的スーパースターのレディー・ガガがいたことを振り返り、“サングラスを下げてお前のこと見てたよ”と語りましたです。しかも読唇術によると“Amazing!(アメイジング)”と、ガガが春日に感服していたと……。

 これに対して春日は“私はずっとレディー・ガガを見てたけど、目が合った瞬間はなかったよ!”と全力で否定しており、ほぼ確実に若林の冗談だと思いますけどね(笑)。ただ、春日にタレント性があることは間違いないかもしれません」(前出の女性誌記者)

 その裏づけとなるのが、17年の『ANN』。『NFL倶楽部』(BS日テレ)の企画でスーパーボールの取材に行った際、オードリーはハーフタイムショーに出演したレディガガに遭遇したのだが、ここで春日はとんでもないことをしたと明かしているのだ。

「ガガは、超ミニのスカートを履いてアメフトボールでキャッチボールをしていたんですが、投げてはミニスカート上がってパンツが見え、スカートを下げ、というのをずっと繰り返していたそうです。これについて、春日が“アレ顔差されてぇだけだろ?”“絶対顔差されたいんだろ。レディガガ”と失礼なことを言ったのを、若林がキレてビンタした結果、各国のメディアが大爆笑したといいます」(前同)

■「キングコングと戦うとか、あると思うよ」

 ちなみにリーゼントヘアーを推す理由は「七三わけはちょっと、ドン・フライ感が強すぎる」という理由で、最終的に提案したイメージは、

「キングコングとゴジラの映画、あったじゃない? あんな感じでキングコングと戦うとか、あると思うよ。バックドロップして空母が真っ二つに割れるみたいな」

 と若林は語っていた。ヒゲについては、以前から若林には高い理想があることが知られている。

「2020年5月2日放送回で、若林はコロナ禍で顔出しの仕事がなくなり、6日間ヒゲ剃りをしなかった結果いい感じだったらしく、”ヒゲがないから春日ごときにいじられたりしているんだろうな”と感じ、”MCをやっていなければヒゲを生やしていたのになって。そしたらもうデカい面させないやつばっかりだよ”としたうえで、”俺、『スクール革命!』(日本テレビ系)でブレザー着てヒゲ生やすから。ああいうサンタクロースみたいな、ハーデンみたいなヒゲを生やすから”とまで話していたんです。

 ちなみに、今年8月7日放送回では、連休中にヒゲを伸ばしたら妻に”綾野剛みたい”と褒めてもらえたと語っていました(笑)」(前出の女性誌記者)

 「ハーデン」とは、アメリカのバスケットボール選手のジェームズ・ハーデンのこと。若林の言うようにかなり長いヒゲが特徴の選手で、若林はほかにも、

「本当はヒゲを生やしてパーマかけてウェッティな整髪料をつけて。結構縁の太い眼鏡をかけて革靴を履きたかった」

 と、理想を語っていた。春日にも、この”ヒゲの恩恵”を与えたい、ということが感じられる。

「もちろん、これは深夜ラジオならでは発言ですが、若林が言うと妙に説得力がある(笑)。思えば9月22日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)でも、若林のプロデュース能力の高さがのぞいた場面がありましたね」(専門誌記者)

 この回では、フリーアナウンサーの神田愛花(41)が出演。バナナマン・日村勇紀(49)の妻である神田は、「それだけ稼いでいる旦那さんと結婚したんだから、もう仕事をしなくて良いじゃん」「東京のスタジオの仕事だけで良いんじゃないの?」と、バラエティ番組の収録で言われてしまう、という悩みを吐露していた。

「そのため“神田さん、結婚したのにまだそんな仕事したいの?”という質問にどうやって返すべきか悩んでいたんですが、若林はまず“神田さんは目指す地点とかそういうのはないんですか?”と尋ねたんです。これが核心をついていましたね」(前同)

■かつてハリウッド進出ドッキリに引っかかってしまったことも

 神田の答えは「安藤優子さんのような、情報番組とか報道番組の帯を信頼していただいて、メインで張る女性のキャスターに……」というもの。これを聞いた若林は「そしたら、でももうコレ答えじゃないですか」と言い、「『安藤優子になるまで辞めません』って言う」という答えを出したんです。

「この若林の回答は、まさに、正解、という感じで、スタジオの全員が息を呑むほど鮮やかなものでした。そんな若林がプロデュースするとしたら、春日のハリウッド進出も成功するかもしれませんね。春日には“ハリウッド進出ドッキリ”にあった前例があるので、今度こそ頑張って欲しいところです」(前出の女性誌記者)

 19年に春日は『ドッキリ映像SP 芸能人史上最悪の1日』(TBS系)で「ハリウッド版『ゴジラ』にゴジラ役のモーションキャプチャーで出演決定!」というドッキリにかけられたことがある。

 渡辺謙(61)からビデオメッセージが届いたり、実に手の込んだドッキリを仕掛けられたのだが、ネタばらしの際に、春日にしては珍しく「いや、それはないわ! 結構練習とかやったんだよ」とショックを受けていたのだ。

 そのドッキリの恨みを、相方・若林のプロデュースによる「英語、リーゼント、ヒゲ」で晴らす日がくるかも?

関連リンク

  • 9/30 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます