0~2歳の子ども服、半数以上の親が月に「1着~2着購入」で相場は1000円未満が最多

拡大画像を見る

スタジオアリスは8月26日、全国の0歳~2歳の子どもを持つ親500名を対象に実施した「子どものお出かけと服装に関する調査」の結果を発表。一カ月に購入する子ども服の数や相場など、リアルな実態が明らかになりました。
 
秋は子どもとのお出かけにもぴったりの季節。0歳から2歳までの子どもを持つ親に、秋にお出かけしたい場所について質問すると、「動物園・水族館(72.8%)」「公園・総合公園(72.6%)」に多くの票が集まりました。

しかし、0~1歳の子どもを持つ新米のママ・パパの中には、子どもとの秋のお出かけ先に謝を悩ませている人も多いでしょう。同調査では、秋のお出かけ経験がある2歳の子どもを持つ先輩ママ・パパたちに、子どもが0歳の時にお出かけしてみて良かった場所について質問。すると「公園・総合公園(28.4%)」に最多で、続いて「祖父母の家(19.8%)」「動物園・水族館(17.3%)」という結果となりました。

お出かけ中に子どもの着替えに困ったといった声も多いようで、同調査では「子どもの服装事情」についても質問。1か月に平均でどのくらい子ども服を購入するかを尋ねると、半数以上が「1着以上~3着未満(54.8%)」と回答しました。

子ども服を複数購入する理由については「すぐに着られなくなってしまうから(49.8%)」が最も多く、他には「汚してしまうから(22.8%)」「子ども服を買うのが好きだから(13.0%)」などが挙げられました。

次に、子ども服を購入・入手する場所について聞くと、約4割が「ベビー・子ども服専門店(43.0%)」と回答し、次点で「ファストファッション店(28.6%)」に票が集まりました。

また、子ども服1着あたりにかける平均費用について尋ねると、「1,000円未満(48.6%)」が最多に。次いで「1,000円以上~2,000円未満(35.8%)」となり、やはり、すぐに買い替えなくてはならない子ども服は、比較的低価格帯のものを購入する傾向が強いようです。

一方、ハイブランドの子ども服を持っている人は半数以上(54.3%)おり、その数は「1着以上~3着未満(53.3%)」が最多に。日常的に着させるのは低価格帯、特別な日にハイブランドといった使い分けをしている人が多いことがうかがえます。

また、お出かけ時に子どもの写真を撮影する人は98.0%にのぼり、誕生日に子どもの写真を残したいという人も「思う(83.4%)」「どちらかといえば思う(14.4%)」を合わせて9割以上となりました。さらに、1歳のちょうど半分の記念日をお祝いする「ハーフバースデー」に写真に残したいと考えている人も約8割いることがわかりました。

この結果を受けて、同社は「毎年のイベントにすることでお子さまの成長を確かめることができる『バースデーフォト』。スタジオアリスでは、年齢によって背景を変えて、毎年ちがった雰囲気の写真を残すことができます」などと提案しています。

「赤ちゃん撮影」 公式サイト

https://www.studio-alice.co.jp/baby/

「すくすく成長フォト」 公式サイト 

https://www.studio-alice.co.jp/info/recommend/detail.php?id=342

  • 9/30 7:00
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます