眞子さまと小室圭さん、関係者が恐れる最悪のシナリオとは?

拡大画像を見る

 秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんがいよいよアメリカから帰国した。国民の多くが反対しているが、このまま結婚に突き進むことは確実。小室さんが働いているニューヨークで生活する見通しだ。アメリカの西海岸、カリフォルニアにはイギリス王室のヘンリー王子、メーガン妃夫妻も住んでいる。関係者が恐れるシナリオは、両夫婦の“合流”だという。

 眞子さまと小室さんは10月に婚姻届を提出し、眞子さまは皇室を離脱する。年内にも渡米する予定だ。小室さんが晴れてアメリカの司法試験に合格すれば、弁護士としてニューヨークの法律事務所で 働くとみられている。ただニューヨークは世界でもかなり家賃などが高く、早くも生活を心配する声が上がっている。

 結婚後も注目のお2人だが、アメリカで生活するということで今、 あることが囁かれている。

「そう遠くないうちに、ヘンリー王子、メーガン妃と交流を持つ可能性があるということ。2人はイギリスを離れ、カナダに渡り、現在はカリフォルニアのサンタバーバラに住んでいる。アメリカの東海岸と西海岸で離れているが、ヘンリー王子たちがニューヨークに来ることもあるから」(皇室ジャーナリスト)

 ヘンリー王子と、くしくも法律事務所を舞台にしたドラマ「SUITS」などで女優メーガン・マークルとして活躍したメーガン妃は2017年に結婚。しかしイギリスのロイヤルファミリーとはうまくいかなかったようで、2020年に実質的に王室を離脱した。同年3月にアメリカの有名司会者オプラ・ウィンフリーのインタビューに応じ、英王室を批判したりしたことで、ますます溝は広がった。

「これだけ問題がこじれたのも、王室メンバーと関係が良くなかったメーガン妃の影響力が大きかったと言われている。一方、小室さん母子も決して皇室と関係が良いわけではない。小室さんがメーガン妃のような役割を果たさないとも言えない。同じく英王室に敵意を燃やすメーガン妃と合流し、2人で反ロイヤルファミリーキャン ペーンみたいなことを始めたら最悪。関係者はそれを恐れている」 (前出関係者)

 帰国前、ニューヨークでマスコミに直撃されたちょんまげ頭の小室さんは黙して語らず。近く開かれる予定の記者会見でも、質問を事 前に精査し“模範解答”するとみられている。しかし結婚し、 ニューヨークに渡れば、もはや失うものはない。結婚後に大荒れの予感だ。 

  • 9/29 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます