キンプリ神宮寺勇太、俳優参戦で5番手返上?『准教授・高槻彰良の推察』で見せた“キラキラなし”目の演技

拡大画像を見る

 Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(31)主演のドラマ『准教授・高槻彰良の推察Season1』(フジテレビ系)の第8話が9月25日に放送され、King & Princeの神宮寺勇太(23)がアイドルのキラキラオーラを消し、地味な役になりきっていたと評判だ。

 このドラマは、澤村御影氏の小説『准教授・高槻彰良の推察』シリーズ(角川文庫)が原作。完全記憶能力を持つ准教授・高槻彰良(伊野尾慧)と、人のウソが見抜ける能力を持つ大学生・深町直哉(神宮寺勇太)が、怪異事件に挑む謎解きミステリー。

 最終話となる今回は、人のウソが分かる呪いをかけられてから8年。尚哉は「俺、行ってみたいです。あの祭がどういうものなのか、確かめたい」と、高槻とともに再び“青い提灯の祭”に足を踏み入れる覚悟を決める。

 高槻の幼なじみの刑事・佐々倉(吉沢悠/43)の運転で、尚哉の亡き祖父母が住んでいた村を訪れると、祖母の知人女性(ふせえり/59)や謎の老人(モロ師岡/62)が「祭りは行われていない」と言うが、尚哉がウソだと気づいて……という展開。

 神宮寺が演じた尚哉は、いつも地味な服装のメガネ男子で、他人がウソをつくとその声が歪んで聞こえるため、日頃からイヤフォンをして人の声を遮断。他人に対しては踏み込まない距離感で接するため、孤独を感じているという役柄。

■俳優評価の高いキンプリメンバー

 今回の怪異事件を機に、尚哉は「あの祭りで本当に大切な人を見つけるために、呪い(のろい)でなく、呪い(まじない)をかけてもらった」と考えるようになり、「俺がどういう人間かは、これから自分が決めればいい」という、前向きな独白とともに第1章の幕が閉じた

 神宮寺の演技について視聴者は、ツイッター上で「ふだんのキンプリ神宮寺くんのキラキラオーラを完全に消した演技が素晴らしかった」「深町くんのときの神宮寺くん、いい意味でアイドルのときと別人すぎた」などと、キンプリでのキャラと違った地味な役を見事に演じ切ったと好評だった。

 キンプリといえば、永瀬廉(22)の『おかえりモネ』(NHK)、平野紫耀(24)の『生徒が人生をやり直せる学校』(日本テレビ系)、高橋海人(22)の『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)、岸優太(25)の『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)と、ほかの4人は役者として評価が高い。

 これまで、神宮寺の本格ドラマでの主演はなかったが、今回の演技をきっかけに、メインの役での出演が増えそうだ。また、同ドラマの「season2」(WOWOW)が10月10日から放送開始で、脚本家の藤井清美氏によると「尚哉が成長して活躍」するのだという。キンプリ5番目の役者として、神宮寺にはこれから活躍が期待できそうだ。

関連リンク

  • 9/30 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます