「立地に驚き、メニューにそそられ、料理に感動!」彼女が歓喜する隠れ家

銀座の裏通り。

ビルの中に潜む扉を開けると、突如洗練された空間があらわれる。

食通の間で人気を博すフレンチレストラン『ル・シーニュ』だ。

隠れ家的な立地、不思議な料理名とシェフこだわりの本格フレンチは、デート相手の心を鷲掴みすること必至。

その全貌をご紹介しよう。



※緊急事態宣言中の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。


卓上に置かれたメニューは、「銀座」「赤一色」など、珍しいタイトルがズラリ。

何が食べられるのか、ワクワクする。

料理を食べて命名の由来がわかると思わずニヤリとしたり、感心したり。

「銀座」は、キャビアそのものの美味しさを知ってほしいと創案した前菜。料理はともにおまかせディナーコース(30,800円)より


例えば、「銀座」というメニューは、高級な街のイメージからキャビアを使った一品だ。

カウンター越しにシェフ自らが、セットされた皿の上にこんもりとキャビアを盛り付けてくれる。

銀箔の下にその旨みを引き立てる濃厚なジャージー牛乳の生クリームが敷かれている。大量のキャビアの煌びやかな見た目と贅沢な味わいは、どこか銀座の街を彷彿とさせる一品だ。

「赤一色」。佐島漁港からのラングスティーヌのポワレの上にビーツ&ラズベリービネグレットと混ぜたての泡、下に甲殻類のソースと複雑だが、一体感は見事。上のガレットもビーツで、美しい


極めつきは「赤一色」と題したメニュー。

赤の正体は、ラングスティーヌとビーツをすぐそこで泡立てた混ぜたてのソースだ。

フワフワの口当たりの中、ビーツの甘みを感じるが、すぐ消えてしまうという儚さがいい。

ビネガーの清涼感、わずかなスパイスの香り、甲殻類の旨みが渾然一体となって、味わってみると「サラダ仕立て」だと分かる。

「イノベーティブと思われがちですが、骨格は王道のフレンチです」とシェフは語る。


ビーツのピュレを一気にブレンダーで攪拌し、きめの細かいフワフワの泡状に。

空気が含まれる分、口当たりは優しくなり、料理全体を柔らかく、ひとつにまとめる。


ひまわりの種が入った自家製パンに合わせるのは「ボルディエ」。


焼きたてパンに、色とりどりのバター!

ブルターニュの職人が作る最高品質バターで代表作「海藻入り」のほか、「葉ニンニク入り」など、レアものもあり、13種から好みで選べる。


シェフの上野宗士さんは渡仏経験もあり、帰国後はアラン・デュカス氏の薫陶も受けた本格派。

そんなシェフによる最先端の調理が目前で見られるのもカウンターならでは。

わずか10坪のこの店では、シェフとの距離が特に近いことが魅力だ。


高貴な調度品の効果もあって、空気感は正統派のフレンチ。

フランスの老舗にして名門の「ピュイフォルカ」のシルバーウエアがスタンバイするカウンター。

シェフ前の中央の2席が人気で、予約率No.1の特等席だ。



「銀座でフレンチ」の当たり前の期待値を遥かに超える、驚きと感動があること間違いなし。

斬新な料理に宿るシェフの筋の通った美学が、特別な夜を演出してくれるのだ。


▶このほか:思わず一皿ごとに歓声が上がる! 彼女の笑顔をきっと引き出せる、艶やかなカウンター

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/30 5:00
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます