北村匠海&乃木坂46齋藤飛鳥、理想の先輩後輩は?コンビニアルバイトの先輩を熱演 

【モデルプレス=2021/09/30】俳優の北村匠海と乃木坂46の齋藤飛鳥が出演するWebムービー「#グミをくれる北村さんと齋藤さん」が10月5日より公開。さらに同日より、新TVCMとラジオCMも順次オンエアされる。

◆北村匠海&齋藤飛鳥、コンビニアルバイトの先輩に

WEBムービーでは、北村と齋藤がコンビニアルバイトの先輩として、4つのシチュエーションでグミをプレゼントする様子を演じる。TVCMでは、4つのWebムービーをダイジェストにしている。

コンビニでバイトリーダーを務める北村と、同じコンビニでバイトをしている齋藤、そして新人バイトの女の子の3人が、お店のバックヤードにて繰り広げる物語。北村と齋藤が、新人店員に“不意に”、“こっそりと”、“大胆に”、“不器用に”と、色んな方法でグミを渡していく。

どこかにいそうでいない、ちょっと変わったコンビニアルバイトの先輩を熱演。不思議でクスっと笑ってしまうような雰囲気と、2人の見せる様々な表情に注目だ。

◆北村匠海&齋藤飛鳥、長丁場の撮影でも和やかな雰囲気

たくさんのカットを1日で撮らなければならないため長丁場の撮影となったが、2人は疲れた様子を見せず撮影に取り組んでいた。カメラが回ると真剣な表情になる2人だが、合間には談笑する場面も見せ和やかな雰囲気で撮影は進行した。

コンビニアルバイトの先輩役ということで、理想の先輩後輩を聞かれた北村は「先輩感がない人が理想」と回答。齋藤は「後輩だったらグイグイ来てくれる方が嬉しい。私があんまりいけないタイプなので、まさに背中で見せるタイプなので(笑)」と明かした。(modelpress編集部)

◆北村匠海&齋藤飛鳥インタビュー

Q:前回のCMに比べてどうでしたか?見どころは?

北村:前回は踊ってましたが、今回はドラマ仕立ての変な世界観だったりするので、なんかこの二人が一緒になると面白い世界観がいつも繰り広げられるなと楽しい時間だと思いました。

齋藤:前回は割と北村さんがはしゃいでいる姿をすごい新鮮に感じていたのですけど、今回、変な世界観の変な役がすごくハマってらっしゃったと思いました(笑)

Q:経験してみたいアルバイトはありますか?

北村:僕はずっとガソリンスタンドに憧れてて。というのも、僕が人生で初めてハマった車の走り屋の漫画の主人公がタクミって言うんですけど、その人がガソリンスタンドで働いてて、子供の時から憧れがありました。

齋藤:私は、ライブハウスとか劇場とか、そういうところで働いてみたいなと思ったことはあります。

Q:理想の先輩や後輩はどんな人?

北村:僕は、先輩感がない人が理想。僕が仲良くさせてもらってる先輩はみんなそうだし、それでいて、お芝居だったり音楽だったりっていう、背中を見せてくれるのが僕にとっては素敵な先輩だなと思うし 、そうなりたいなと思います。

齋藤:私は、後輩だったらグイグイ来てくれる方が嬉しい。私があんまりいけないタイプなので、まさに背中で見せるタイプなので(笑)、来てくれた方が嬉しいかなと思います。

Q:最近の心ハズむエピソードを教えてください。

北村:ささいなことでハズみますけどね。道歩いてて信号があったら、立ち止まらずにそのまま青信号が変わってくれた時とか、やっぱハズみますね。

Q:メッセージをお願いします。

北村:不思議な世界観の中にも、クスっとできる瞬間もあると思いますし、僕としても、昔から慣れ親しんでいるグミをこうやってPRできるのは嬉しいので、楽しんでもらいつつ、「食べたいな」って思ってもらえるものになっていると思います。

齋藤:ここ(北村と齋藤)の組み合わせもなかなか新鮮だと思いますし、CMの中でグミが並んでるところがあるんですけど、こんな味あったんだっていう発見が私達もあったので、皆さんも楽しんで、美味しく食べていただけたらと思います。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/30 4:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます