オリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』12/29配信決定! US版ヴィジュアルも解禁

拡大画像を見る

「スター・ウォーズ」史上最強の賞金稼ぎボバ・フェットを主人公に、今まで謎に満ち溢れていた彼の数々の真実が明かされるオリジナルドラマシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』が12月29日(水)17 時よりディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)独占で日米同時配信開始が決定。この度、本作で初めての画像となる、玉座に座る豪然たる姿のボバ・フェットが圧倒的な存在感を示すUS
版ビジュアルが全世界で解禁されました。

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で初登場した伝説のキャラクター ボバ・フェットは、銀河一の賞金稼
ぎジャンゴ・フェット(「エピソード2/クローンの攻撃」に登場)のクローンとして生まれた“息子”である(。※ジャンゴの純粋なクローンとして誕生し息子として育てられた)

幼いころから戦闘スキルと格闘技を学び、“父”ジャンゴから受け継いだ特注のマンダロア・アーマーや、殺傷能力の高い武器を駆使する傭兵であり、シスの暗黒卿ダース・ベイダーや犯罪王ジャバ・ザ・ハットに認められ銀河に名を轟かせた伝説の賞金稼ぎ。「エピソード6/ジェダイの帰還」でルーク・スカイウォーカーやハン・ソロとの戦いの最中に命を落としたと思われたが、ディズニープラスで独占配信中の〈『マンダロリアン』チャプター14:悲劇(シーズン2 第6話)〉で再び登場し彼がアーマーを失いながらもなんとか生き延びていたことが発覚。伝説のキャラクターの帰還に全世界の「スター・ウォーズ」ファンから歓喜の声が沸き上がりました。

「スター・ウォーズ」を生んだ巨匠ジョージ・ルーカスが「人気が出ると知っていたらもっと活躍させて、彼が迎える最期もカッコよくしたかったと」後悔を公言するほど高い人気を獲得しているボバ・フェット。「クローンの攻撃」ではジャンゴ・フェットを演じ、『マンダロリアン』からはボバ・フェットを演じているテムエラ・モリソンは「あまり多くは言えないのですが、今作では「帝国の逆襲」以降の彼の過去を、彼の旅を知る事ができます。」とコメント。伝説的な人気キャラクターだけに〈ボバ・フェットはサルラックからどのように脱出したのか?/ダース・ベイダーとはどんなやり取りがあったのか?〉などの謎が明かされるのか?といった数々の憶測が生まれており、「もっと活躍させたい」と願ったジョージ・ルーカスの夢も相まってファンの期待値は高まるばかりです。

ダース・ベイダーとオビ=ワンが登場する『スター・ウォーズ:オビ=ワン・ケノービ(原題)』や「クローン・ウォーズ」で初登場し『マンダロリアン』で実写化したアソーカ・タノが主人公の『スター・ウォーズ:アソーカ(原題)』など超豪華ラインナップも控えている「スター・ウォーズ」ディズニープラスオリジナルドラマシリーズ。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は12月29日(水)17 時よりディズニープラスにて日米同時配信開始!

(C)2021 Lucasfilm Ltd.

関連リンク

  • 9/30 1:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます