【船橋・アブクマポーロ・メモリアル結果】森泰斗騎手騎乗の1番人気リヴィフェイスが勝利

拡大画像を見る

 29日、船橋競馬場で行われたアブクマポーロ・メモリアル(平和賞トライアル)(2歳・JRA認定競走・ダ1600m・1着賞金400万円)は、道中3番手でレースを進めた森泰斗騎手騎乗の1番人気リヴィフェイス(牡2、船橋・石井勝男厩舎)が、4コーナーで外から先頭に並びかけると直線も力強く伸び、最後方待機から3〜4コーナーで追い上げて直線伸びた7番人気マイジュネス(牡2、船橋・山田信大厩舎)に3馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分44秒6(良)。

 さらにクビ差の3着には2番人気キャッスルブレイヴ(牡2、船橋・渋谷信博厩舎)が入った。3番人気に推されていたエルロイ(牡2、船橋・矢野義幸厩舎)は6着に終わった。

 リヴィフェイスは父ホッコータルマエ、母リヴィングフェイス、その父タイムパラドックスという血統。前走の1000mのデビュー戦ではスピードの違いを見せて8馬身ちぎっていたが、距離を伸ばしたここでも危なげなく勝利した。通算成績はこれで2戦2勝。

 なお、1、2着馬には、10月27日船橋競馬場にて行われる第67回平和賞(SIII)の優先出走権が付与された。

 また、この勝利で石井勝男調教師は、地方競馬通算500勝を達成した。

(取材、撮影:高橋正和、編集:netkeiba.com)

関連リンク

  • 9/29 19:10
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます