千葉雄大、綾野剛主演『アバランチ』に出演!裏の顔は天才ハッカー

拡大画像を見る

千葉雄大が、10月18日スタートの綾野剛が主演を務める新月10ドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)に出演する。

本作は、綾野主演の映画『ヤクザと家族 The Family』『新聞記者』などを手掛けた藤井道人がチーフ演出として参加し、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチの活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。主演の綾野のほか、警視庁特別犯罪対策企画室・室長の山守美智代役の木村佳乃、山守の部下の警察官・西城英輔役の福士蒼汰、元自衛官・明石リナ役の高橋メアリージュン、元所轄刑事・打本鉄治役の田中要次の出演が既に決定している。

今回、千葉が演じるのはアバランチのメンバー・牧原大志。普段は優秀なデイトレーダーとして株式相場で巨額の利益を得る一方、官公庁や大企業のデータベースに侵入する天才ハッカーとしての顔も持つ男。先日公開されたティザー映像のラストカットでも、羽生、山守、西城、明石、打本の他に、マスクをつけた“謎の6人目”が映り込んでおり話題を呼んでいたが、アバランチは牧原を含めた6人で構成される。

山守をリーダーに、羽生、西城、牧原、明石、打本と別々のバックグラウンドを持つ彼らがなぜアバランチに集結したのか? 彼らの目的は何なのか? それらの謎はそれぞれが抱える過去や本心といった“裏の顔”と共に、物語が進むにつれて明らかになっていく。さらに、これまでドラマの公式SNSを中心に、アバランチの理念を表現したプロパガンダチラシをイメージしたアートビジュアルを展開してきたが、このたびマスク姿の6人のビジュアルも解禁となった。

関連リンク

  • 9/29 22:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます