アストラゼネカのワクチン超不人気 予約ガラ空き続出、大阪市は接種終了

拡大画像を見る

新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいる。日本で現在使用されているのは、ファイザー、武田/モデルナ、アストラゼネカ3社のワクチンだ。

このうち、アストラゼネカ社製については、アレルギーなどの理由でほかのワクチンを接種できない人や40歳以上の希望者が接種できる。しかし、不人気のあまり、早々に接種を打ち切る自治体が出てきている。

「希望する方が少数であることから」1日で終了

大阪市は、アストラゼネカのワクチンの集団接種について、1回目接種を2021年10月10日で終了すると発表した。2021年9月24日付朝日新聞デジタルは、予約率が1割未満で低調なことが理由だと報じている。松井一郎市長は同日、「アストラゼネカはニーズが低い。せっかく用意しているマンパワーがもったいない」と記者団に語ったという。

埼玉県戸田市では、アストラゼネカのワクチンについて当初1回目を21年9月から10月にかけて5日間に分けて実施予定だったが、9月8日の1日のみに集約しての実施となった。公式サイトには、その理由として「募集を行っているところですが、希望する方が少数であることから」とはっきり記されていた。

アストラゼネカのワクチンは、臨床試験を通じて発症予防効果が約70%と確認されている。一方、ファイザーは約95%、モデルナは約94%と数字に大きな違いがある。厚生労働省の公式サイトによると、ごくまれではあるが、ワクチン接種後に血小板減少症を伴う血栓症や、毛細血管漏出症候群などを発症した例が、海外で報告されている。こうした理由から、アストラゼネカを避けたいと考える人が多いのだろう。

鳥取県では50枠に対して接種は11人

早期に終了する地域がある一方で、逆にアストラゼネカのワクチン予約の期間を引き延ばす自治体も出てきている。

神奈川県川崎市では、アストラゼネカの接種日程が10月上旬まで拡大され、新規の予約枠が増えた。「より多くの方に接種いただく機会を増やすため」だという。公式サイトには、「9月24日時点で予約に余裕がある状況です」と書かれている。

さいたま市では、21年9月7日にいったん申し込みを終了したが、「予約枠に余裕があることから、追加申し込みを受け付けます」と、期間を延長して受け付けていた。前述した戸田市でも、アストラゼネカの接種募集の締め切りは、最初21年8月25日だったが、その後8月31日に変更していた。

鳥取県では、21年9月25日からアストラゼネカの接種がスタート。27日配信のFNNプライムオンラインは、接種初日は予約枠が50に対して11人が訪れた、と報じた。予約枠には十分余裕がある、としている。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/29 20:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます