アマゾン配達員 飛んでいった荷物を見て呆然「はしごはありませんか?」(米)

拡大画像を見る

今回荷物を受け取るはずだったのは、米カリフォルニア州在住のケイシー・マクペリーさん(Casey McPerry)と妻のダニエルさん(Danielle)。ケイシーさんは今月23日、自身のTikTokアカウントにてAmazon配達員より届いたというメッセージを公開した。

そこには「こんにちは。Amazonの配達ドライバーです。変な話なのですが、誤って荷物を屋根の上に投げてしまいました。使ってもいいはしごはありませんか?」と簡潔に書かれていた。

当時外出中だったというケイシーさんは、このメッセージを読んで疑問を抱かずにはいられなかった。そこで帰宅してから玄関先に設置していた防犯カメラの映像を確認してみると、思わず笑ってしまう光景が映し出されていた。

映像には配達員がケイシーさんの家の前に車を停めて右手に荷物を持ち、左手に持った携帯で何かを確認しながら玄関前へ向かう姿が映る。きびきびと歩くその姿は、いち早く荷物を届けようとする真面目な配達員を思わせる。

ところが家の前に虫が飛んでいたようで、配達員は両腕を交互に動かして目の前の虫を追い払おうとした。そして右腕を振りかぶった瞬間、複数重ねて持っていた小さな荷物のうち、間に挟まれていた荷物がキレイな弧を描くようにして屋根の上へ飛んでいってしまったのだ。

すぐに気がついた配達員は、予想外の事態に屋根を見上げて呆然としている。しばらく周囲をグルグルと歩きながら、どうにかできないかと解決策を考えていた様子だが、持っていた荷物を芝生の上に置くと「やれやれ」と言わんばかりに腰に手を当てる場面で映像は終わっている。

この動画には今月29日の時点で13万件以上の「いいね」が寄せられており、コメント欄には「この配達員は可哀想だけど、笑いが止まらない」「グルグル歩き回って困っている配達員が面白い」「もしこの動画が撮れていなかったら、この状況を信じるのは難しいね」「これは最高の失敗だよ」など笑いの声が多数届いている。

「自分の目で見るまで信じられなかったよ」と話すケイシーさんも、ダニエルさんと共にお腹を抱えて笑ったという。後日、TikTokには荷物に関して追加の投稿がされており、その日の夜に帰宅したダニエルさんが懐中電灯を持って屋根の上の荷物を確認する姿が映っていた。

夜だったのではっきりとは見えなかったようだが、翌朝ケイシーさんが脚立を使って屋根の上を覗いてみると、そこには間違いなく荷物が乗っており、無事に回収することができた。

小さな虫のせいで災難に遭ってしまった配達員だが、素直に謝罪してくれた対応にケイシーさんも「この配達員が素敵な一日を送れたことを祈っているよ」と寛大なコメントをしている。

画像は『caseymcperry 2021年9月26日付TikTok「Here is the full package on roof story」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 9/29 21:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます