通学・通勤の自転車、電車乗務員の時計、飲食業の電卓…毎日の生活に欠かせない“みんなの相棒”とは?

拡大画像を見る

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」。9月27日(月)の放送は、みんなの“相棒”をシェアしました。


パーソナリティの山崎怜奈



世の中をザワザワさせているニュース“ザワニュー”のなかから、気になるものをピックアップする「スピークアップ」。この日のテーマは“私の相棒”。今回は仕事時に必須の道具やカバンに必ず入れているものなど、みんなの生活に欠かせない相棒を聞いてみました。

ちなみに、れなちには最近、新しい相棒が誕生。それは、先日ゲスト出演したオカリナ奏者のトム・バノップヘムさんからいただいたオカリナ。

リスナーからは「自転車。高校から数えて12年間、通学・通勤に自転車を利用し続けている。いまも6kmかけて通勤し、まわりからは「やめたら?」と言われるが、外の気温や季節を感じることができる自転車通勤はやめられない」という声をはじめ、自転車を挙げるメッセージが複数。

れなちは「生活に密着しているからこそ、自分の変化や世の中の街並みが変わっていくのを一緒に体感していく、まさに相棒って感じですね」と感心します。

そして、電車の乗務員さんからは「時計」。「電車を時間通り正確に運行するためにはなくてはならない存在。駅の時刻表は分単位だが、私たちが持っている(担当)路線用の時刻表は秒単位で、それと時計を何度も確認し、電車を発信させている。なお、私は予備の時計を3つ常備している」というメッセージに、れなちは「さすがプロ。すごいな~」と絶賛。日本の電車の運行時間の正確性にあらためて感動し、感謝します。

さらに飲食業の方からは「電卓」。「1人で経営しているので調理・接客はもちろん、会計や確定申告なども1人。そこで使っている電卓は開業当時からのもので9年の付き合い。高価なものではないが、ほかのものとは効率とやる気が全然違う。これからも長く付き合っていきたい」とのメッセージ。

タクシーの運転手からは「仕事柄、常に携帯しているのは疲れ目対策の目薬、眠気対策のブラックコーヒー、3つ目が口臭対策のブレスケア。1つでもかけると不安」という声もありました。

また、薬剤師の方からは「25歳でいまの職場に転職して以降、54歳のいままでずっと使っている相棒はハサミ。薬剤師は錠剤のシートから必要な分だけ切り取るので、1日に何度もハサミを使う。ほかの文房具はよく壊れるが、なぜかこれは長持ちしている。定年まで大切に使っていきたい」というメッセージが。これには「物持ちがいい。ステキですね。私も小学校のお道具箱に入っていたハサミをいまでも使っています」とれなち。

そのほかにも「パソコン作業時の相棒はブルーライトカットメガネ」「海外旅行の相棒はバックパック」「趣味の野球観戦をする際に必ず携帯するプロ野球選手名鑑」「radiko。2時間ぐらいの長めの運動のお供にラジオ番組がちょうどいい」など、たくさんのメッセージが寄せられていました。

みんなの相棒を聞き、れなちは「お守りのような感じで安心したり、気分がアガったりする一方で、自分のライフステージが変わったり、社会が変化していくなかでも相棒との距離感が変わらなかったり、モノ自体は劣化しても同じ時間を歩んできたんだなって思えることは素晴らしい」と、相棒の大切さをしみじみと語ります。

さらには、「ホッとする安心材料がどこにあるかっていうことが、生活のなかでは大事だと思っていて。それこそ、このお昼の時間におこがましいですけど(ダレハナが)みんなの相棒って思ってもらえたらうれしいです。私も頑張りたいと思いますし、お互いに共存するような気持ちで支え合い、寄り添っていけたらいいなって思っています」と望んでいました。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月5日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/

関連リンク

  • 9/29 20:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます