小池栄子、『和田家の男たち』相葉雅紀の母親役に 主要キャスト発表

拡大画像を見る

 俳優・歌手の相葉雅紀が主演を務める10月22日スタートのドラマ『和田家の男たち』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に、小池栄子が主人公・優(相葉)の亡き母親役で出演することが発表された。

 本作は、息子はネットニュースの記者、父はテレビ局報道マン、祖父は新聞記者と、3世代がそれぞれ異なったメディアに携わっている“マスコミ一家”の「和田家」を舞台に、男だらけの家族が織り成す異色ホームドラマ。脚本は大石静が手がける。

 相葉が演じるのは、15年勤めた会社がコロナ禍で突然倒産し、デリバリーサービスの配達員にいそしむ37歳の男・和田優。ひょんなことから二十数年ぶりに祖父・寛(段田安則)と再会を果たし、さらに疎遠になっていた父・秀平(佐々木蔵之介)に「一緒に住まないか」と提案されたことで、なぜか3人はひとつ屋根の下で一緒に生活することに。デリバリー配達員を続けながら、和田家の家事全般を担っていたある日、大学の後輩のツテでネットニュース編集部の記者として記事を書き始めることとなり…?

 小池が演じるのは、優(相葉)の母親・りえ。優が10歳のときに同じ報道ニュース番組の後輩で7歳年下だった和田秀平(佐々木)と再婚したが、翌年取材中の事故で急逝してしまう。りえ亡き後は、血のつながらない父と息子として一緒に暮らしていた優と秀平。優が大学卒業を機に家を出たことで疎遠気味になっていたが、コロナ禍の中、久しぶりに再会し、一緒に暮らすことになるところから物語はスタートする。

 久々のテレビ朝日系連続ドラマ出演となる小池。今作では、亡くなった今もなお、「和田家の男たち」それぞれの秘密に関わり、彼らの運命を握る女性としてシンボリックに登場、「和田家」に思わぬ波乱を起こしていく。

 小池は「私は“回想”という形での登場なので、ちょこちょこと出てくる役なのですが、監督もとても丁寧な演出をされる信頼できる方で、実は『もっと出たいな』って思っているところです(笑)」とした上、主演の相葉については「随分前に医療モノのドラマでご一緒したのですが、“掴みどころのない役者さん”、というイメージ。本心を見せないようなお芝居や、話を聞いているときなどの“受けのお芝居”がとてもお上手なんですよね」と評している。

 このほか、優が勤めることになるネットニュース『バズとぴ』編集部の編集者・志麻さと美役を石川恋、優の幼少期を潤浩(ゆんほ)、『バズとぴ』編集部の同僚で優のことを何かと気にかけてくれる事務職のおじさん・印田吾郎役を駒木根隆介、秀平の右腕として報道番組『フロンティアニュース』を支えるデスクの滝口剛役を岡部たかし、『フロンティアニュース』スタッフで秀平にひそかな思いを寄せるディレクターの井上智子役を宮澤美保が、それぞれ演じる。

 金曜ナイトドラマ『和田家の男たち』は、テレビ朝日系にて10月22日より毎週金曜23時15分放送。

関連リンク

  • 9/29 18:15
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます