小松菜奈 林遣都につけたあだ名は懐かしの外国人タレント

拡大画像を見る

 俳優・林遣都(30)と小松菜奈(25)が29日、都内で行われたW主演映画「恋する寄生虫」(11月12日公開)の完成披露試写会に出席した。

 2人は初共演で、互いの距離を縮めるため、撮影現場ではあだ名で呼ぶことを小松が提案したという。そこで林に付けた呼び名は何と「ケント・デリカット」。「呼んでいるうちに『クセになってきたかも』と言われて、喜んでもらえたのかなと。距離を縮める感じが小学校男子みたいになっちゃった」といたずらっぽい笑みを浮かべた。

 林は「小学生の頃、野球をやっていたときにそう呼ばれたことはありましたけど…。冗談なのかと思ったら、ずっとそう呼ばれて、台本の話をするときも『そこをケント・デリカットが…』って。何の引っ掛かりもなく呼んできて、真っすぐな人なんだなと思いました」と苦笑いだった。

 林と小松の2人が主人公を演じる今作は、虫によってもたらされた、孤独を抱えた者同士の異色のラブストーリー。

関連リンク

  • 9/29 19:50
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます