人気YouTuberが肺炎で死去「コロナ感染してこの世去った」PCR陽性

拡大画像を見る

 フォロワー数17万4000人という人気YouTuberのヒロシさんが25日に肺炎のため、死去したことが29日までに明らかになった。

 28日にアップされた「ヒロシのプライベートチャンネル」でスタッフ岩氏が「リスナーの皆様にヒロシに関してのお知らせ」というタイトルで経緯などを報告。「今月9月25日夕方ごろに、ヒロシは肺炎でこの世を去りました。今の段階では肺炎との結果ですが、簡易PCR検査ではコロナの陽性反応が出ており、今回、ほぼコロナに感染してこの世を去ったと思います」と新型コロナウイルス感染による肺炎の可能性が高いことを話した。

 岩氏は「この世を去るときも非常に苦しかったと思います。ここ数日、彼は風邪の症状で、体調を崩しており、寝込んでいました。ただその間もちょっとは体調がよくなったんでしょう。動画アップロードもしておりました」と経緯を語った。

 岩氏は続けて、「ただ25日、いろんな方からヒロシと連絡が取れないと、共通の知り合いから連絡がありまして、彼の自宅に警察と救急隊を向かわせて入ってもらったところ、もう時すでに遅しで、この世を去っていました」と亡くなった状態で発見されたことを告白した。

 岩氏は「体調を崩して寝込んでいるときに、僕がヒロシに今のご時世、コロナの可能性もあるから病院に行って検査しろと言ったのですが、たぶんヒロシは軽く考えていたのだと思います。あのときにもう少し、強く厳しく言っておけばよかったなと、後悔しております」と無念の思いを語った。

 ヒロシさんは、ヤフーニュースやコメント欄を読み上げる形で、時事ニュースを論評していくYouTubeチャンネルを展開。人気となり、「ヒロシの時事ニュースチャンネル」は17万4000人、サブチャンネルにあたる「ヒロシのプライベートチャンネル」は12万9000人の登録者数がいた。

 「時事-」は22日、「プライベート-」は23日に最後の更新がされている。

関連リンク

  • 9/29 19:53
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます