秋冬こそニオイケアが重要!7割以上が「秋冬じっとり汗臭」に気付いた経験あり

拡大画像を見る

ファイントゥデイ資生堂のデオドラントブランド「エージーデオ24 」は17日、ニットやコートなど厚手の服を着こんだ時に感じる秋冬の「じっとり汗臭」とストレス臭に関する実態調査の結果を発表。その結果、75.2%の人が秋冬の「じっとり汗臭」に気付いた経験があることが判明しました。

<エージーデオ24『秋冬じっとり汗臭大調査』特設サイト>
https://brand.finetoday.com/jp/ag/jittori/

汗をかきやすい夏は汗臭ケアにも力を入れる人が多いのですが、今回の調査では75.2%の人が「秋冬に『じっとり汗臭』と回答。気温が低い秋冬であっても、自分の汗のニオイが気になっている人や、実は周りの人の汗の臭いに気付いている人が多いことがわかりました。

続いて「秋冬に汗のニオイケアをすると、どんなポジティブな作用があると思いますか」という質問では、「とても思う」「思う」「どちらかというと思う」を合わせた9割近くの人が、「不安から解放される(89.6%)」と回答。「自分に自信が持てる(84.6%)」「好きな服を着やすくなる(82.0%)」といった回答も8割を超え、ニオイケアと自分への自信の相関関係が浮き彫りになっています。

汗臭だけではなく、焦りや緊張などのストレスによって発生する「ストレス臭」にも注意が必要。そこで「今年の秋冬に特にストレスに感じそうなこと」を調査すると、最多となったのは「いつになったらコロナ禍が落ち着くのかがわからない(47.4%)」でした。また、コロナ禍に関連した「イベントや旅行への欲求」も多くの人のストレス要因になっているようです。

SNSで人気の印象評論家・美有姫(重太みゆき)さんは「秋冬のニオイケアは印象面でも大切。より一層お洒落に敏感になる秋冬だからこそ、ニオイのケアもしっかりして印象アップに励みましょう」と、秋冬の臭いケアの必要性を解説。

続けて「人の印象は、5感覚で判断されています。視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚です。そのうち嗅覚は、自分が意識せずとも、人や環境のニオイを勝手にキャッチし、その人やその環境を自分が好きか嫌いかを一瞬で判断します」と臭いと印象の関係の深さを指摘し、「「つまり、周囲に与える感情的影響は大きく、目に見える視覚(外見)と同じように自分が放つニオイに気を遣うことで、印象力が上がり、職場やプライベートシーンでのコミュニケーションを円滑にする手助けとなります」とアドバイスしています。

そんな秋冬の匂いのケアについて調査した「エージーデオ24」の制汗剤は、ニオイ菌を殺菌し、汗臭をケアします。さらに実は夏と同じくらいニオっている『秋冬じっ とり汗臭』をしっかり抑えます。不安や焦り、緊張から発生する「ストレス臭」にも効果的。今年の秋冬は「エージーデ オ24」の制汗剤で、毎日の習慣にニオイケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 9/29 20:00
  • マガジンサミット

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます