シャープ、ミドルレンジにもIGZO OLED! 「AQUOS sense6」発売へ

拡大画像を見る

 シャープは、「AQUOS sense」シリーズの2021年秋冬モデルとして、5G対応スマートフォン「AQUOS sense6」を商品化すると発表した。美しさと使いやすさを追求したスタイリッシュなデザインと1週間の電池持ちを両立。今年秋以降の発売を予定している。
 

 「AQUOS sense6」は、シリーズ初となるIGZO OLEDディスプレイを採用。4570mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、同社従来機比約11%薄型化し、厚さ約7.9mmを実現した。指紋センサーの画面内配置による狭額縁化や、持ちやすく手当たりの良い側面・背面形状により、スタイリッシュなデザインに仕上げた。
 また、ディスプレイの高い省エネ性能と大容量バッテリーの組み合わせにより、1週間の電池持ちを実現した。さらに、「インテリジェントチャージ」に新機能を搭載。電池残量が90%に達すると充電を停止し、端末への直接給電に切り替えて電池への負荷を低減する。使用開始3年後も電池容量を90%以上維持するため、長期間快適に使用できる。
 カメラ機能には、フラグシップモデル「AQUOS R6」の画質技術を応用した画質エンジン「ProPix3」を新たに開発。アウトカメラには標準、広角、望遠の3つのカメラを搭載し、標準カメラは約4800万画素のセンサーとF値1.8のレンズの採用により、一度に取り込める光量が同社従来機比約2倍に向上。「ProPix3」との組み合わせによって、細部まで自然な表現の写真が撮影できる。
 加えて、10億色の鮮やかな色表現が可能なディスプレイと高画質技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、撮影時はもちろん、撮影した写真の確認時も美しく色鮮やかに表示する。

関連リンク

  • 9/29 20:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます