【化け子メイク塾】「下地は変えて」愛あるダメ出しの理由は?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

ベテラン有名女優から愛され、指名が途切れることのない現役バリバリのヘアメイク職人でありながら、人気YouTuber(チャンネル登録者数10万人)としても大活躍の化け子(ばけこ)さんの第一弾企画は読んでいただけましたでしょうか?

 

 

「ファンデやめてみ!」
「メイクでシワは隠れません!」
「執着から逃れなさい!」
「可愛いピンクを選びなさい!」

 

経験に裏打ちされた確かなテクニックと次々と出てくる愛ある名言。そのどれもが、いろいろ気になるお年頃の40代50代の心に突き刺さるものばかり。
開設1年を待たずしてチャンネル登録者数10万人を突破したYouTubeチャンネル『ヘアメイク職人_化け子』にも

「ストレートでわかりやすい」
「説得力しかない」

という声があふれています。
そんな破竹の勢いでフォロワーを増やし続け、40代50代女性のカリスマとなった化け子さんがオトナサローネ再降臨!

 

第2弾は、メイク迷子の聖地『ヘアメイク職人_化け子』を飛び出して、多数の応募者から選ばれた1名にカウンセリング&メイク。その一部始終をカメラが追いました。驚愕のビフォー→アフターをお楽しみに。

 

 

 

乾燥、シミ、そばかす、目元のたるみに悩む加藤さん

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

多数の応募者の中から選ばれた加藤和恵さん(56歳)は、化け子さんのレコメンドコスメをすでに多数入手済みのリアルフォロワー。化け子さんの提案で、撮影日の3日前から毎朝晩ローションパックをして撮影に挑んでいただきました。

 

前回のカウンセリングから、乾燥、シミ、そばかす、目元のたるみが今回のメイクの解決ポイントとして浮かび上がりました。

 

-(化)「4つとも解消していきましょうね。まずは下地。普段はどんな下地を使ってますか?」

 

-(加)「コスメは化け子さんのYouTubeを参考に購入することが多いです。化け子さん、よくおっしゃっていますよね、『スキンケアは日焼け止めまで』と。それ以来、紫外線対策には今まで以上に力を入れています。下地も化け子さんオススメのポール & ジョーを使っています」

 

-(化)「わあ、うれしい! どのタイプ?」

 

-(加)「白いフタの01です」

 

-(化)「UVプロテクション効果が高いタイプ(プロテクティング ファンデーション プライマー 01)ですね。紫外線対策はバッチリ。どうりで56歳とは思えない透明感あるわけです。でもね、もし次に買い換えるなら加藤さんにはモイスチュアライジング ファンデーション プライマーに変えてみて。そっちの方が合うはずですよ。加藤さんはもっと乾燥肌対策に目を向けた方が得しますよ」

 

化け子さんの言葉はいつだって、ストレートで理論的。ズバッと言うけど温かい。愛あるダメ出しに加藤さんも思わず大きく頷きます。

 

-(化)「ところで加藤さん、いつもは下地のみですか? ファンデーションも使ってからコンシーラー?」

-(加)下地とコンシーラーです。

 

 

-(化)「じゃあ、そのメイクはすでに試してもらっているということで、せっかくだから今日は薄ーくファンデーションを使うパターンでいきましょう。ファンデを使うので、補正効果のあるポール & ジョーの下地ではなく、より保湿力の高いこっちの透明タイプにしますね。

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

ローラ メルシエ ピュア キャンバス プライマー ハイドレーティング

 

-(化)「これからの季節は乾燥が進むから、こういう保湿系の下地を使うとパサつきがおさえられてベースメイクのもちがグンとよくなりますよ。今回はファンデを使いますけど、普段使いなら、ローラ メルシエとポール & ジョーの下地をW使いしてナチュラルに仕上げるのもアリですよ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

よどみのない手さばきでベースメイクが進む。

 

たくさんの選択肢を提示しながら、加藤さんだけに合うメイク提案を次々に繰り出す化け子さん。何度も頷きながら、加藤さんは真剣に聞き入ります。

続いてファンデーションの色みについて。

 

-(化)「我々世代なら、ファンデーションはピンクっぽいものがいいですよ。逆にオークルはくすむから危険。ピンク系で可愛い血色肌を目指しましょ。2色を混ぜて使いますね。あ、加藤さんにちょうどいい色みの製品があればわざわざ混ぜる必要はないです。この色みです。覚えておいてくださいね」

 

-(加)「はい! ピンク系って少し意外です。あとで色番教えて下さい」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

SUQQU ザ クリーム ファンデーション

 

-(化)「OK! ファンデーションは隠すためではなく、全体のトーンを揃える役割。だから薄ーく。こうして筆に十分なじませてからつければ、絶対に厚くなりません。ほら、こんな感じ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

ブラシの先端をのぞき込む2人。

 

化け子さんが見せてくれた筆先に見入るスタッフ一同と加藤さん。筆のカット面にファンデはかすかに見えるくらい。完全に筆と一体化しています!

 

-(加)「えっ! 本当についてます? ここまでしっかり筆になじませるのですね。私もこれと似たような筆を使っていますけど、丁寧さが全然違います」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

「道具も大事」と語る化け子さん。ファンデーションブラシはオリジナル“KISHI ブランド”のもの。

-(化)「そう。少しの違いの積み重ねが明暗を分けるんです。道具も大事。さあ、塗っていきますよ。加藤さんの場合、頰に大きめのシミがあるでしょ。しっかり隠したくなる気持ちはわかるけど、シミがある部分を周辺より明るくしすぎると悪目立ちして損。フラットにまんべんなくつけてトーンを上げすぎないほうがいい。シミ消しはコンシーラーの担当ですよ」

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

加藤さんの表情が真剣!

 

ということはいよいよ。化け子メイクの真骨頂・コンシーラーの出番でしょうか!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/247642/ )

使用したファンデーションの量はごくわずか。

 

-(化)「シミはあとね。パーツメイクのあと。そうしたら、アイメイクはね…」

 

-(加)「???」

 

-(編集部カットイン)「ちょっと待ったー! 化け子さんシミはどうしました? 隠れてませんよ!」

 

下地&ファンデで薄くはなったものの、隠れたとはとてもいいがたい状況で、パーツメイクをはじめようとする化け子さん。その真意は?

 

 

photo/Kiyoe Suzuki

special thanks/Mai Yurimoto,Maino Obikane

 

関連リンク

  • 9/29 10:31
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます