岸田氏会見 安倍&菅政治の批判連発「心に響かない」「民主主義の危機」池上氏も指摘

拡大画像を見る

 自民党総裁選が29日午後、都内で投開票が行われ、岸田文雄氏が新総裁に決定した。

 岸田氏は当選直後の壇上スピーチで、まずは「このコロナ禍の中、我が国の難題課題に対し最前線でご努力を続けてこられました菅総理総裁に心から感謝と敬意を表したいと思いました」と壇上に座る菅義偉首相をねぎらった。

 ただ、その直後にスピーチで「わたくしは今から1カ月ほど前、立候補を表明しました。多くの国民の皆さんが、政治に国民の声が届かない、あるいは政治が信じられない、そうした切実な声を上げておられました。我が国の民主主義の危機にあると、強い危機感を感じ、我が身を顧みずに、立候補表明させていただいた」と述べた。

 「岸田文雄の特技は、人の話をしっかり聞くと言うことであります」とも語った。

 中継したテレビ東京「池上彰の選挙ライブ」では、池上氏が「国民の声が自民党に届かなくなっているとの批判を受けてという言い方をしてましたね。これは間接的に菅総理、あるいは安倍前総理の批判になってしまう、微妙な立ち位置になってしまう発言です」と指摘した。

 岸田氏は夕方に行った会見でも「国民の皆さんの中に国民の声が政治に届かない、あるいは政治の説明が国民の心に響かない。こうした厳しい切実な声があふれていました。いままさに我が国の民主主義そのものが危機にあると強い危機感を持ち、総裁選挙に真っ先に手を挙げた次第です」と述べた。

関連リンク

  • 9/29 19:06
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます