ウィル・スミス、妻と出した結論は「パートナーは1人だけにこだわる必要はない」

拡大画像を見る

昨年7月、米R&B歌手オーガスト・アルシーナ(29)がウィル・スミスの妻ジェイダ・ピンケット=スミスと長年の不倫関係にあったことを激白した。さらに2人の関係はウィルの同意のもとだったと明かしたことで、ウィルとジェイダの夫婦関係が注目されることとなった。

当初のジェイダは事実関係を否定していたが、同月に自身のオンライン番組『Red Table Talk』にウィルと一緒に出演した際、ウィルと一時的に破局していた時にオーガストと関係を持つようになったと明かしている。

そのため視聴者の多くは、ジェイダだけが他の人物と性的関係を持ったと思ったようだ。しかしあれから1年以上経った今、ウィルが米版『GQ』のインタビューに応じ、実際にはそうでないことを語った。

同メディアが現地時間27日に掲載した記事によると、ウィルは結婚当初、パートナーは1人だけと決めていたものの、2人とも明らかに何かを変えなければならないと考えた後、お互いを信頼しつつ自由な関係を認め合うことにしたと説明し、このように述べている。

「ジェイダは、型にはまった結婚というものを信じたことがなかった。彼女の家族には、型破りな結婚をしている人がいた。僕が育った環境とは、全く異なる形で成長したんだよ。」

そして2人は、夫婦としての完璧な関り方とは何かについて延々と議論したという。自分達は基本的にパートナーは1人だけという考えを持っていたものの、「カップルとして完璧な関係でいるためには必ずしもそこにこだわる必要はない」とお互いに自由を与えあい、オープンな関係を続けてきたそうだ。

「僕達は誰もが自分自身の道を見つけなければならないという信念のもと、お互いに信頼と自由を与えあってきた。だから僕達の結婚は牢獄のようにはならなかったんだ。」

「このような道のりは、決して誰にも勧めない。だけどお互いに与えられた自由な経験と無条件のサポートは、僕にとっては最高の愛の定義だ。」

同インタビューでウィルは、過去に多くの女性達と“ハーレム状態”で付き合いたいと夢見たことがあったとも述べている。

「いつこう思ったのか、もしくは10代の頃の夢想だったのかは覚えていない。だけど僕が愛して世話を焼いた20人の女性達と一緒に旅行をするという夢は、本当に素晴らしいアイデアに思えたよ。」

そう語るウィルは“ハーレム”のラインナップとして、女優ハル・ベリーやアフリカ系米国人のバレエダンサー、ミスティ・コープランドの名を挙げていた。

画像は『GQ 2021年9月27日付Instagram「“The pursuit of truth is the only way to be happy in this lifetime.”」』『Will Smith 2019年10月7日付Instagram「Me and @jadapinkettsmith clean up NICE!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 9/29 18:34
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ソフィア

    10/1 0:09

    多人数とかしたら普通にはなれないわな

記事の無断転載を禁じます