田中圭「死神さん」儀藤役で「THE突破ファイル」ドラマ参戦 連続爆破事件の真相を暴く

【モデルプレス=2021/09/29】30日放送の日本テレビ系『THE突破ファイル「突破交番&突破レスキュー!超豪華秋の大コラボ2時間SP」』(19:00~20:54)では、Huluオリジナルのミステリードラマ「死神さん」と「突破交番」のコラボレーションが実現。田中圭扮する孤高のクセモノ刑事・儀藤が、謎多き連続爆破事件の真相をあぶり出していく。

◆田中圭「THE突破ファイル」ドラマ参戦

絶体絶命のピンチを知恵とひらめきによって突破。あらゆるジャンルで実際に起きた驚きのエピソードを基に、再現ドラマとクイズで奇跡の“突破劇”をドラマチックにお届けする、新感覚のドラマ&クイズバラエティー『THE突破ファイル』。

30日放送回では、休日のスーパーで爆破事件が発生。日本一事件が舞い込んでくる「突破署」のメンバーたちは、早速現場へ。幸いなことに、客と従業員にケガはなかったが、店内の商品棚は黒焦げ。鑑識の見立てによると、爆発の原因はロケット花火と料理用タイマーを使った手製の“時限爆弾”の可能性が高いという。松陰寺巡査(松陰寺太勇)らは店員の亮子(遊井亮子)をはじめ、スーパーの関係者たちに話を聞くが、不審な人物を見た者はいない。そんな中、岡本巡査(岡本あずさ)は何か引っ掛かっているようだが、自分でもよく分かっていない様子。

その後、スーパーの駐車場で再び爆破事件が。警察への怒りをぶつける謎めいた犯行声明文も見つかったため、突破署の面々は警察に恨みを抱いている人間の犯行だと考え、容疑者を絞っていくことに。しかし、この捜査方法に異を唱える(?)人物が登場。その男は、自ら「儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)」と名乗り、兼近巡査(兼近大樹)らに警視庁からやって来たと伝える。長髪に帽子、ロングコートに身を包んで猫背気味に歩く姿はとても刑事には見えないが、わけあって儀藤の“相棒”を務めている交番勤務の巡査・榎田(りんたろー。)は、突破署メンバーたちに彼のことを「警視庁の死神刑事」と紹介。儀藤は、闇に埋もれた冤罪事件を再捜査する孤高のクセモノ刑事で、誰からも感謝も愛されもしないため“死神”と呼ばれていた。

兼近は、爆破事件に首を突っ込もうとしている儀藤を無視して、予定通り警察に恨みを持つ人物の洗い出しを敢行。その結果、ある男の身柄を確保し、取り調べを行うが、その最中にまたもや爆破事件が発生。今度は警察の敷地内だった…。

事件解決の糸口が見つからず、焦りを隠せない突破署の面々。一方、儀藤は証拠品の一つである犯行声明文が書かれた紙に着目。スーパーの店内に設置されていた防犯カメラに怪しい人物は映っていなかったが、駐車場と警察署の爆破事件の際、近くの通りを走っていたタクシーのドライブレコーダーには意外な人物の姿が。果たして、儀藤がたどり着いた真実とは?

◆圧巻コラボに「死神さんの1話かと思いました」

田中が、Huluで独占配信中の堤幸彦監督が贈る痛快ミステリードラマ、Huluオリジナル「死神さん」で演じている主人公・儀藤役で突破ドラマに参戦。突破署メンバーとのコラボに、スタジオ解答者の玉井詩織は「『死神さん』の1話かと思いました」と感想を。百田夏菜子も「バラエティーじゃなかったですね」と、実話を基に描いた突破ドラマを楽しんだ様子。

田中はドラマ本編同様に“死神”と呼ばれるダークヒーローを見事に体現。鋭い観察眼と洞察力で、真相をあぶり出していく様は圧巻。何かを考えている時の奇妙な手の動きと、ドラマでも第参話(10月1日配信)の相棒となる榎田役のりんたろー。との息の合った演技も見ものだ。

また、スタジオゲストとして、東京五輪で銀メダルを獲得したバスケットボール女子日本代表の高田真希(※「高」は正式には「はしごだか」)と馬瓜エブリンが登場。テロップなしでは理解不能(?)な松陰寺のセリフ回しに、馬瓜がどハマり。高田も「(突破ドラマの)クオリティが高すぎて、もう見入っちゃってすごいなって思ったんですけど、松陰寺さんの“あれ”だけが…」と語った松陰寺のクセが強すぎる芝居も注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/29 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます