渡辺みり愛、乃木坂46卒業後初舞台でヒロイン抜擢<風桶>

【モデルプレス=2021/09/29】元乃木坂46の渡辺みり愛が、ダンスエンターテインメント集団・梅棒 13th“RE”WORK『風桶』でヒロインを務めることが決定した。

◆梅棒 13th“RE”WORK「風桶」

劇場での主催公演を中心に、『嵐』や『AKB48』等のアーティスト LIVE、『今日から俺は』や『NHK紅白歌合戦』等のTVメディア、宝塚歌劇団や2.5次元舞台等での振付・演出でも活躍するダンスエンターテインメント集団「梅棒」。

『風桶』は、2016年に吉祥寺シアターで上演した第5回公演『風桶』の再演とる。

◆渡辺みり愛、乃木坂46卒業後初舞台でヒロイン

ヒロインは2021年8月31日に乃木坂46を卒業後、初舞台となる渡辺、第6回公演『GLOVER』以来2度目の出演となる、高いダンススキルが魅力の俳優・松浦司、グランドミュージカルからストレートプレイまで数多くの作品で活躍するまりゑ、バレエあるあるが話題で、YouTubeの総再生回数1億回を突破した異色のバレリーナ芸人・松浦景子、過去の梅棒公演で何度も好演を見せているYOU、正安寺悠造、ひこひこ、高橋洋子の「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」を振付しワールドツアーダンサーとして各国へ同行、シンガー・コレオグラファーとしても活躍中の長谷川敬タ、オリンピック閉会式でのパフォーマンスが記憶に新しい、嵐などのメジャーアーティストの振付師としても活躍するeat、高い身体性を活かし数々のダンスコンテストを制した実力派ダンサーNaoki、Juste Debout FINALベスト4等、世界的に活躍するフィメールLOCKダンサー・hirokoboogieと個性豊かな実力派ゲストの出演が決定。

梅棒の梅澤裕介、鶴野輝一、遠山晶司、塩野拓矢、天野一輝、野田裕貴、多和田任益の7名を加えた全18名、様変わりしたキャスト陣で新たな『風桶』をお届けする。

12月17日から本多劇場を皮切りに東京・大阪・愛知の3都市を巡る。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 9/29 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます