C大阪、千葉のGK松原颯汰を期限付き移籍で獲得「昔から大好きだったクラブ」

拡大画像を見る

 セレッソ大阪は29日、ジェフユナイテッド千葉からGK松原颯汰が期限付き移籍で加入したことをクラブ公式サイトで発表した。

 移籍期間は2021年9月28日から2022年1月31日まで。背番号は「39」に決定した。

 2002年9月30日生まれの松原は、大阪府出身。阪南FC、RIPACEを経て入学した流通経済大学付属柏高校では、1年時に第97回全国高等学校サッカー選手権大会の準優勝に貢献した。2020年10月に千葉への加入が内定し、同時にJFA・Jリーグ特別指定選手にも登録。今季から千葉に所属し、ここまでJ2リーグの5試合と天皇杯の1試合でベンチ入りしていた。

 なお、C大阪では先日、ベトナム代表GKダン・バン・ラムが左肩関節の脱臼で全治4カ月と診断されていた。

 松原は加入に際し、C大阪のクラブ公式サイトを通じてコメント。「昔から大好きだったクラブでプレーできる事を本当に嬉しく思います。沢山の事を見て学び、少しでも早くセレッソ大阪の力になれるよう日々頑張って行きます。皆さん、よろしくお願いします」と、意気込みを示した。

関連リンク

  • 9/29 18:12
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます