女性だけの新世界と地球最後の男を描く「Y:ザ・ラストマン」10月27日Disney+で配信

拡大画像を見る

Y染色体を持つ全ての哺乳類が絶滅、1人の男とオス猿だけが生き残った終末世界を舞台にしたアメコミをドラマ化した「Y:ザ・ラストマン」が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」の新コンテンツブランド「スター」にて日本最速配信されることになった。

原作は、ブライアン・K・ヴォーンとピア・ゲラによる同名の大人気DCコミックス。アメコミ界で最も権威があると評される「アイズナー賞」の3部門を受賞した傑作がドラマシリーズとなって、ディズニープラスの「スター」に登場する。

舞台は、ある日突然、人類の全男性を含むY染色体を持つ全ての哺乳類動物が死に絶え、ただ1人の男と彼のペットの猿だけが残された終末世界。女性だけが生き残り世界が混乱する中、ただひとり男性として生き残ったヨリック・ブラウン。なぜ彼だけが生き残ってしまったのか? また、残された人々は新しい世界でどのように生きていくのか? 壊滅状態の中で、人々が失われたものを元に戻そうと懸命にもがく姿や、女性だけの新世界をより良いものにしようと奮闘する姿が描かれ、サスペンス・サイエンスの域を超えた視聴者の胸を打つヒューマンドラマとなっている。

最後の男性の人間として残されたヨリック・ブラウンを演じるのは、『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』のベン・シュネッツァー。また、ヨリックの母でもあり、終末世界をまとめる大統領ジェニファー・ブラウンは、『パーフェクト ストーム』『運命の女』『トスカーナの休日』などで人気を博したダイアン・レイン

製作総指揮を務める、イライザ・クラークニーナ・ジェイコブソンは「ジェンダーは多様。その中で探究できることはたくさんあります。染色体と性別はイコールではありません。このドラマが、“ジェンダーとは何か?”“アイデンティティとは何か?” “本当の私たちとは何か?”という疑問を投げかけてくれることを期待しています」と語っている。

「Y:ザ・ラストマン」は10月27日(水)よりディズニープラス「スター」にて独占配信(全10話)。



(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 9/29 17:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます