神戸市の中学生が神戸タータンの特製ポストカードに想いを込めて手紙を綴る


神戸市立本山中学校の全校生徒612人が、神戸タータンの特製ポストカードを使い、コロナ禍で会えない遠方の祖父母や友人へ、手紙を送る。

神戸タータン柄特製デザイン


ポストカードは、神戸タータン協議会と、神戸の魅力を発信するメディアKobeccoが協働で贈呈する。生徒が地元神戸や母校への誇りを感じられるように、という願いを込めて、同校の神戸タータン柄の標準服がイラストされた特製デザインだ。

贈呈当日は、1年生のホームルームにKobecco編集部が訪問し、実際に手紙を書く時間を設ける。

日時

贈呈式は10月4日(月)8:20~8:30。なお遠隔テレビ会議システムによる朝礼、贈呈式は校長室にて実施。手紙執筆は同日、8:30~9:20、1年生ホームルームにて。

場所は、神戸市立本山中学校(兵庫県神戸市東灘区岡本3丁目3番1号)だ。

特製ポストカードについて


令和3年度より同校で採用された神戸タータン柄の標準服を着たキャラクターや、学校エンブレムが描かれている。性別問わず、スカート・スラックスタイプ、リボン・ネクタイが自由に選べる、同校の特徴もイラストで表現されている。生徒が地元愛や愛校心を育むとともに、手紙を受け取る人が、生徒の地元神戸や同校の魅力を知るきっかけになればと考えている。

神戸市立本山中学校

神戸市立本山中学校は、神戸市内で最も多くの卒業生を抱える歴史ある公立中学校。また、神戸市内で初めて、神戸タータンを標準服に採用した。

神戸タータン

神戸タータンは、神戸開港150年を記念して誕生した、神戸のイメージカラーを凝縮したチェック柄。誕生以来、神戸を象徴するデザインとして産学官の幅広い分野で活用されている。

Kobecco


Kobeccoは、Instagramやホームページを中心に、神戸の街の魅力をおしゃれかわいく発信するメディア。20代を中心とした神戸にゆかりのあるメンバーが、「神戸をみんなで元気にしたい」という思いで活動している。

デジタルネイティブ世代の生徒が、遠方の大切な人を想い、直筆で手紙を綴る有意義な時間になることを期待したい。

画像をもっと見る

  • 9/29 16:54
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます