純情のアフィリア[ライブレポート]ワンマンツアーに期待を高めた東京夜公演「みんな最後までついてきてくれよな!」

純情のアフィリアが、9月25日(土)日本橋三井ホールにて<純情のアフィリアワンマンツアー「魔法陣と水の妖精 〜Magic Circle and Siren of Water fairy〜」>の東京公演を開催した。本記事では、同ライブから夜公演のライブレポートをお届けする。

“私はセイレーン……水の妖精……アフィリア魔法世界は長引く疫病の蔓延で闇に包まれてしまいました……私の歌声を手に入れてこの暗闇を元の世界に戻すのです……私の歌声を探してください……貴方たちが歌うことでこの世界を救うのです……ワタシハセイレーン……ミズノヨウセイ……”と青く照らされたステージに荘厳なBGMとともに不思議な声が鳴り響く。

バレエダンサーのように1人、また1人、厳かに登場したメンバーは、荘厳な雰囲気から雲が晴れるかの如く「RE:QUEST」からライブをスタート。“純情のアフィリアワンマンツアー東京夜公演始まりましたー! 配信をご覧の方もこんばんは! お昼公演も観てくださっている方がたくさんいらっしゃって嬉しかったです! 夜公演もみなさん盛り上がっていきましょうー!!”とファンに呼びかけた。

自己紹介を終えると、“先輩(純情のアフィリアファンの総称)! 一緒にいっぱい盛り上がっていくよー!!”と雨森セラの声で爽やかにはじける夏のポップチューン「はじめてのSEASON」へ。「起・承・転・結・序・破・急」で美しいハーモニーを響かせると、「Lotus Land -桃源郷-」では全員で螺旋を描きステージ上をパワフルに駆け巡り、優希クロエがアクロバットパフォーマンスで魅せる。

“ありがとうございます! 3曲続けて聴いていただききました。今歌わせていただいた「Lotus Land -桃源郷-」ですが、実は今回のツアー特別Ver.になっていたの気づきましたか!? (拍手)普段は4人ずつのユニゾンで歌っている曲なのですが、今回のツアーでは1人ひとりの歌声を届けようということで、メンバーそれぞれをフィーチャリングした歌い分けになっています! もともとある曲を、こうやって再構成して披露させていただくのは初めてで、新鮮で私たち自身もとっても楽しかったです。これからツアーを通して歌い分けや違う曲でもメンバーフィーチャリングver.を用意しているので、みなさん楽しみにしていてください~!”と楽曲やライブ構成への想いを打ち明けた。

“ワタシハセイレーン……ミズノヨウセイ……セイレーン”という声から重厚なBGMが鳴り響き、メンバー全員での華麗な舞踏演出から「I WANT TO GROW」へ。純情とセクシーの相反する魅力を大胆不敵に披露していった。夏目ベールによる“みんなでクラップー! まだまだ盛り上がっていきましょうー!”という軽快なかけ声で「スキハ無敵」へ。“say!! Ha!!”とオーディエンスとクラップで一体となり、長年愛される名曲「マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー」では、夏目ベールが“日本橋三井ホール発セイレーン行き、アフィリア号にご乗車のみなさま、まだまだ一緒に盛り上がってセイレーンを探しに行きましょー!”とオーディエンスをアフィリア列車旅行へ誘った。同じく初期から愛される「ニーハイ・エゴイスト」、ダイナミックなダンスで魅せる「Like? or Love?」でライブにさらなる熱狂を生みだしていく。

“ありがとうございます!”とステージに渚カオリ、桜田アンナ、夏目ベール、雨森セラの4名が残り、発声できない状況でのライブのオーディエンス反応について“マスクしてるけどみんな笑って! 目笑ってみて! 可愛い(笑)”と笑いを交えながらも、渚がジムでの筋トレにハマっていることな自由にフリートークくり広げた。“それでは青チームの準備ができたようです! 可愛い青チーム、どうぞ~!!”というかけ声を合図にステージが暗転。新曲「My Life is Beautiful」を披露した。キラキラと輝くメンバーカラーステッキを持ち、ツアー新衣装を纏った葉山カナ、寺坂ユミ、優希クロエ、東城アミの4名がジャズナンバーを《だってこれが私の人生だ》と軽快なリズムに合わせて踊り歌う。

“ありがとうございます! 新曲を披露させていただきました”4人で挨拶し、それぞれ曲の注目ポイントや見どころ、葉山カナだけがステッキを上手に回せないので寺坂ユミが練習に付き合ったというエピソードなど笑いを交えながらトーク。“それでは赤チーム、どうぞー!”とステージを暗転させ、渚カオリ、桜田アンナ、夏目ベール、雨森セラの4名がツアー新衣装で登場。新曲「ここにいるよ」をメンバーカラーのスカーフを翻し、表情豊かに迫力のあるステージングで熱唱した。

“ということで、ユニット曲を2曲聴いていただきました。そしてツアー衣装に着替えてきました! メンバーカラーの衣装も作っていただいて、素敵なツアーテーマソングも作っていただき……、みなさん一緒にまだまだツアーを楽しんでいただけたら嬉しいです!”と呼びかけ、“それでは、私たちの歌を聞いてください”と渚カオリの静かな囁きからこの日の昼公演で初披露した新曲「Magic Circle and Siren of Water fairy」へ。透き通ったストリングスの旋律に乗せてメンバー1人ひとりの歌声が順にハーモニーを奏で曲が紡がれていく。続けて、同ツアーテーマソングとなる「Sing a World ~キミがくれた魔法~」では《キミがいたから強くなれたよ 当たり前のこの日々が愛しい》と爽やかな風に乗せ歌の力を届けた。

“ありがとうございます! 今回のツアーは歌をテーマにしているので、メンバー1人ひとりの歌声を聴いていただける新曲をお届けしました。この曲たちを大切に、これからツアーを走り抜けますのでみなさんももっともっといっぱい好きになって一緒についてきてください!”と熱い想いをぶつけた。

“キセキ……冒険……仲間……夢……希望……荒野……嘆き……迷い……癒し……魔法……何を求め私たちはこの冒険を始めたんだろう……”という渚カオリの声が響き、壮大なオーケストラの旋律にアレンジされた「奇跡と魔法のクロニクル」で旋律に透き通った歌声を乗せて彼方に星を描く。続く「Spiral Star」では、オリエンタルなメロディに乗せ舞い、舞台が暗転し光が瞬くとオーロラカラーのスカートから元気いっぱいメンバーカラーのミニスカートへ変身。「残酷のバベル」、「それだけが、生きる意味なんだ」を立て続けに迫力のパフォーマンスを披露した。

“東京公演、ラスト1曲です! 全力で盛り上がっていきましょー!!”とアジテートし、ラストナンバー「Lost In The Sky」へ。桜田アンナが“世界の果てまで、私たちの歌声を、届けるんだ……!!”と熱い想いをシャウトすると、クラップとペンライトの波がフロアに煌めき、オーディエンスの熱は最高潮となった。

渚カオリが、“ありがとうございます! みなさん楽しかったですか? (大きな拍手)こうやって楽しいと思っていただけて、みなさんに足を運んで、配信を観ていただけるから私たちはツアーをすることができます。本当にありがとうございます!!”と感謝を伝えると、葉山カナは“みんな! 聞いてくれ……東京公演は終わったが……、まだ東京公演あるんだぜ! ツアーファイナル東京公演ではこの8人が800人に見えるくらいのパフォーマンスをするから、みんな最後までついてきてくれよな!”と笑いを誘いながら想いを伝えた。

昼公演で発表があったエピローグ北海道公演への期待を滲ませ、渚カオリが当日ライブ後に放送された長濱ねる、濱家隆一(かまいたち)がMCを務めるテレビ番組『ねる、取材行ってきます』への出演をアナウンスすると、メンバー全員で笑顔いっぱいに挨拶し、これから続くツアーに期待が高まる東京夜公演を締めくくった。

今回のツアーは、昼の部と夜の部でガラッと異なるセットリストで、2部併せて1つの作品となるような構成となっている。

<純情のアフィリアワンマンツアー「魔法陣と水の妖精 〜Magic Circle and Siren of Water fairy〜」>東京公演

日程:2021年9月25日(土)
会場:日本橋三井ホール

1 SE
2 RE:QUEST
3 はじめてのSEASON
4 起・承・転・結・序・破・急
5 Lotus Land -桃源郷-(Pick Up ver.)
6 I WANT TO GROW
7 スキハ無敵
8 マジカル☆エクスプレス☆ジャーニー
9 ニーハイ・エゴイスト
10 Like? or Love?
11「My Life is Beautiful」青チーム(葉山カナ、寺坂ユミ、優希クロエ、東城アミナ) 
12「ここにいるよ」赤チーム(渚カオリ、桜田アンナ、夏目ベール、雨森セラ)
13 Magic Circle and Siren of Water fairy
14 Sing a World ~キミがくれた魔法~
15 奇跡と魔法のクロニクル(SPECIAL intro ver.)
16 Spiral Star
17 残酷のバベル
18 それだけが、生きる意味なんだ
19 Lost In The Sky

<純情のアフィリア 全国ツアー『魔法陣と水の妖精〜Magic Circle and Siren of Water fairy〜』>
9月25日(土)東京・日本橋三井ホール
10月9日(土)沖縄・ガンガラーの谷→ 2022年1月29日(土)に開催延期
10月23日(土)神戸・VARIT.
10月24日(日)大阪・Banana Hall
10月31日(日)福岡・DRUM LOGOS
11月14日(日)名古屋・ボトムライン
11月21日(日)静岡・浜松窓枠
11月27日(土)東京・品川インターシティホール【ファイナル】
12月26日(日)北海道cube garden【エピローグ】

関連リンク

神戸公演チケット販売ページ大阪公演チケット販売ページ福岡公演チケット販売ページ名古屋公演チケット販売ページ静岡公演チケット販売ページ東京ファイナル公演チケット販売ページエピローグ 北海道公演チケット販売ページ沖縄公演チケット販売ページ<純情のアフィリア 全国ツアー『魔法陣と水の妖精 〜Magic Circle and Siren of Water fairy〜』>イベント公式サイト

「Sing a World〜キミがくれた魔法〜」赤盤

発売日:11月24日(水)
USSW-0331 ¥1,000

1.Sing a World〜キミがくれた魔法〜(全員歌唱)
2.ここにいるよ(セラ、カオリ、アンナ、ベール歌唱)

「Sing a World〜キミがくれた魔法〜」青盤

発売日:11月24日(水)
USSW-0332 ¥1,000

1.Sing a World〜キミがくれた魔法〜(全員歌唱)
2.My Life is Beautiful(カナ、ユミ、アミナ、クロエ歌唱)

※ジャケット写真(表)、ジャケット写真(裏)は赤盤、青盤でそれぞれ異なる絵柄となります。
※赤盤、青盤共にTr1は全員歌唱、Tr2はチーム歌唱曲となります。

関連リンク

純情のアフィリア公式サイト純情のアフィリア公式Twitter純情のアフィリアYouTubeチャンネル

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/29 16:41
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます