桜井日奈子 グルメドラマ初主演で「何度も胃袋の限界突破」

拡大画像を見る

 女優の桜井日奈子(24)が29日、主演を務めるBSテレビ東京ドラマ「ごほうびごはん」(10月2日スタート。土曜、深夜0・00。テレビ大阪では深夜0・56)のオンライン記者会見に共演の岡崎紗絵(25)、古川雄輝(33)と出席した。

 こもとも子氏の同名人気コミック「ごほうびごはん」が原作のグルメドラマ。桜井は、慣れない仕事に奮闘しながらも、仕事の疲れを癒やす週に一度の「ごほうびごはん」を何より楽しみにする新人会社員・池田咲子役を演じる。

 焼き鳥に昼酒、ギョーザ、パンケーキやフルーツといった毎話ごとに登場する「ごほうびごはん」に桜井は「何度も胃袋の限界突破をしました」と笑みを浮かべ、「出てくるご飯がどれも本当においしくて、おなかいっぱい食べることができて幸せでした」と“役得”を喜んだ。

 なかでも、印象に残ってるのは「すき焼き」。「本当にどれもおいしかったので、一つに絞るのが大変なんですけど…。初ボーナスですき焼きを食べるっていうシーンがあって、とろけました~」と破顔し、「おいしいご飯を見て、みなさんも頑張った自分をねぎらってあげてください」と呼びかけた。

関連リンク

  • 9/29 16:18
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます