本田朋子アナ 仰天 自宅キッチンのシンクから「聞いたことのない音が…」

拡大画像を見る

 元フジテレビの本田朋子アナウンサーが28日、ブログを更新。自宅のキッチンのシンクが割れたエピソードを披露した。

 自身初著書のレシピ本を出版したばかりの本田アナ。自宅で育児や家事の合間に制作したというが、息抜きにアイスクリームを食べていた時、「キッチンの方から、『バキっ!!!!』という聞いたことのない音が…」し、様子を見に行くと「キッチンシンクが稲妻が走ったように割れていました」という。

 「えーーーーーーーー!?!?しばらく頭がフリーズ」し、思い返してみると、「あっあれだ!!」と原因が判明。それは息抜きでテークアウトしたアイスクリームに付いていたドライアイスだったといい、「ドライアイスをキッチンシンクで流して、まだ少し残っていたものを放置してしまったのです ドライアイスってこんなに破壊力があるとは知らなかった…」とハプニングを振り返った。

 また、自宅のシンクは「特注のため、2ヶ月ほど交換までに時間がかかる」ことになり、「応急処置はしていただきましたが、数日間はシンクが使えず、洗面所で食器を洗ったりしながら、レシピ作りに励みました 料理本製作にあたって、こんな試練が待ち受けていたとは…」と落胆。「結局、(レシピ)99個のうちの半分は、割れたシンクを見つめながら作った汗と涙の結晶です(大げさですね)」とつづった。

関連リンク

  • 9/29 16:09
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます