岸田総裁誕生の瞬間 千原ジュニアは「3Aって力ある」杉村太蔵「会心の結果」

拡大画像を見る

 自民党総裁選は29日、投開票が行われ、決選投票の末、岸田文雄氏が自民党総裁に決まった。岸田氏は当選が決まると席を立ち、深々とお辞儀し手を振ってみせた。

 各局がライブで今回の総裁選を放送。午後3時過ぎに決選投票の結果が発表され、岸田氏が合計257票、河野氏は合計170票と大差で岸田氏が当選した。

 日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した元大阪市長の橋下徹氏は、“岸田総理”誕生に「2位、3位で連合したのがちょっと堂々といけばいいが、1位と3位ですから。1票でも1位。後ろめたさなく堂々と」と1回目で1票差で1位となった岸田氏へエールを送った。

 TBS系「ゴゴスマ~GoGo Smile」では千原ジュニアが「3Aって強い力が持ってるねんなと」と安部氏、麻生氏、甘利氏を「3A」と表現。そして「色々あるんですけど舞台に立つ側の人間から言うと、投票前も投票後もあれだけ(箱の)中を見せて『種も仕掛けももありませんよ』って。あそこまでやらなあかんかって。あそこに政治を表しているような…。あれなければ3時前に発表できてたんじゃ」と驚きの声を上げていた。

 テレビ朝日「大下容子ワイド!スクランブル」に出演した杉村太蔵氏は「岸田陣営は一年前からこの投票日を逆算して、戦略的に、いつ二階幹事長の所に行くか、まずは党改革そして経済対策。どんな状況があっても、この日にやっていくというのをかなり周到に戦略的に戦った結果。会心の結果だと思う」と舌を巻いていた。

関連リンク

  • 9/29 15:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます