橋幸夫 引退決断 本人はケジメの会見希望と関係者

拡大画像を見る

 元祖御三家の1人で歌手の橋幸夫(78)が引退することが29日、分かった。関係者によると、数年前から引き際について考えて、協議の結果、今年8月以降に最終決断。関係者によると、橋は「ケジメをつけるために会見をやりたい」と望んでいるといい、週明けの実施に向けて準備が進められている。来年1月からはラストツアーが計画され、最終公演は23年5月3日の橋の誕生日となる予定。80歳の節目にマイクを置くことになる。ツアー前の今年12月には、ラストシングルが発売される。

 橋は中学2年のときから作曲家の遠藤実さんに師事し、高校2年の1960年に「潮来笠」でデビュー。舟木一夫(76)、西郷輝彦(74)とともに「御三家」と呼ばれ、人気を誇った。NHK紅白歌合戦にはデビューイヤーの60年に初出場すると、通算19回出場を果たした。レコード大賞にも、62年「いつでも夢を」と66年「霧氷」で2度輝いている。

関連リンク

  • 9/29 13:58
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます