ファーストサマーウイカ、SM嬢から真面目店員へ変身し驚きの声「昨日との振り幅!!!!!笑」

拡大画像を見る

26日に更新したInstagramで、同日最終話を迎えた『バンクオーバー!』で演じた前島の衣装を披露したファーストサマーウイカ。女王様らしくボンテージコスチュームと網タイツを抜群のスタイルで着こなす姿には、「カッコイイ」「美しい」などと称賛の声が寄せられていた。

しかし翌27日に投稿されたのは、前日とは真逆の姿。12月に公開される映画『私はいったい、何と闘っているのか』のポスター画像を披露しているが、どこにいるのか分からないほどウイカの気配が消されているのだ。

その後すぐにポスターの拡大写真を投稿、「右真ん中のこの人です」とわざわざ説明を加えたウイカ。同映画は芸人のつぶやきシローの同名小説を実写化したもので、安田顕演じる地元密着スーパー「ウメヤ」の主任・伊澤春男が現実と妄想の間で奮闘する“喜怒哀楽”に満ちたサプリメント・ムービー。ウイカが演じるのは細身で物静か、無遅刻無欠席の真面目な女性正社員・高井というだけに、前日見た前島の要素が全くないのは当たり前である。それにしても普段メディアで見かけるウイカの気配さえも全くなく、フォロワーからは「昨日との振り幅!!!!! 笑」「全然気付かなかった!」「七変化以上に化けますよね」などと驚きの声があがった。

もともと学生時代は地味だったことを公言する一方で、「メイクは武装」とすべて自前で2時間以上かけてつくりあげることも明かしているウイカ。それだけに派手なウイカらしいメイクからスッピンのようなナチュラルメイクまでお手のものだが、今回のギャップは本人も驚いたのか、Instagramストーリーズでは高井に扮した自身を指し「誰かわからん」とコメントしたり、前島と高井それぞれに扮した写真を並べ「???」と戸惑う様子も。すでに公開されている予告編では「クールな理性派」と紹介されている高井、見た目はもちろん内面をどう演じるかも楽しみである。

画像2~4枚目は『ファーストサマーウイカ 2021年9月27日付Instagram「右真ん中のこの人です」、2021年9月27日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 9/29 12:33
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます