小室圭さんをガッチリ警護する男たち 警察のSPに守られるのはどんな人

拡大画像を見る

秋篠宮家の長女・眞子さまと近く結婚する見込みの小室圭さん。2021年9月27日に米国から帰国、成田空港に到着すると、警察のSP(警護担当者)とみられる黒スーツ姿の男性に囲まれながら歩く様子が映像で流れた。

複数の報道によると、小室さんの横浜市の自宅周辺にも警察官が配置され、厳重な警備が行われている。

小室さんを護衛しているのは

ボディーガードやSPを養成する「身辺警護SP学院」公式サイトによると、SPは要人警護のスペシャリスト集団を意味する「Security Police」の略称。狭義には、警視庁警備部警護課に所属し、「SPバッチ」を貸与されている警察官を指す。警視庁のSPの警護対象者は、内閣総理大臣・国賓・その他警察庁長官が定める者(衆議院議長など)といった要人だ。

J-CASTトレンドは、身辺警護SP学院講師で元警視庁SPの伊藤隆太氏に取材した。話によると、小室さんを護衛しているのは、皇族の警護を行う警視庁警備部の警衛課か、各県警の警察本部や警護担当部署だと考えられる。これらの警護担当者は、厳密には狭義のSP(警視庁SP)ではないが、報道などでSPと呼ばれることがある。

9月28日付の「NEWSポストセブン」は「皇室担当記者」の話として、空港の警備は千葉県警が主導し、小室さんの横浜市の自宅は神奈川県警が管轄、車での護送は警視庁が主導したと報じた。

伊藤氏によると、県警は事件などに備え、必要性に応じて警護を行うが、主な警護対象は要人だ。警視庁SPも県警の警護担当部署も、基本的に一般人を警護することはないとのことだ。

警官が一般人を警護するケース

ただ、事例や部署によって、警官が一般人でも身辺警護を行うことがある。例えば、ストーカー被害。全ての相談者への対応は難しいが、放置しておけば事件に発展する恐れがある深刻なケースで、警護を受けられることがあるという。警護は県警にそれぞれ存在する、生活安全部などの部署が担当する。

暴力団から殺害予告を受けているというような事例でも、身辺警護を受けられ得ると伊藤氏。こちらは、各県警の刑事部や組織犯罪対策部などに所属するPO(Protection Officer・身辺警戒員)が担当する。県によっては警視庁警護課の関係者を招集し、SPがPOに警護の指導を行うこともあるとした。

ストーカーや暴力団関連のケースでは、必要に応じて警官が相談者の周りで警護を行ってくれる。警護を専門とする以上、警視庁SPの方が訓練の練度も高いものの、警護を担当する他の警官も、民間の警備会社よりはしっかりとした訓練を行っているとのことだ。

ただ、「一般のトラブルなどでは、警護まではやってくれません」。対応するとしても、相談者の自宅周辺のパトロールの強化などに留まると伊藤氏は説明した。一般人の警護を行うかどうかの基準は、トラブルの事例が暴力団やストーカー被害のように、社会問題として注目を集めているかも大きなポイントだとのことだ。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 9/29 12:10
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます