つるの剛士 いよいよ教育実習迫る 6年前育休時のエプロン再利用「人生は面白い」

拡大画像を見る

 タレントのつるの剛士が28日、インスタグラムを更新。いよいよ迫った教育実習に向けエプロンなどを準備。有名手芸店にも足を運びフェルトなどで「華やかにしたい」と意気込みをつづった。

 つるのは、育児休業中に自ら作ったエプロンや手芸店で購入したアップリケやフェルトなどの写真をアップ。エプロンは「こんな便利なエプロンあったらいいなあ」という思いで作ったといい、大きなポケットが特徴的だ。「まさか6年後にここで使うことになるとは思いもよらなかった。人生はおもしろい」とも投稿した。

 「先日、ユザワヤに行って名札やらフェルトやら買ってきたのでエプロンを華やかにしたいと思います」と意気込み「それにしても、今までユザワヤになかなか入ることありませんでしたがめちゃ楽しい」と、手芸店の雰囲気も満喫したようだ。

 つるのは現在、保育短大に在籍しており、保育士資格の取得を目指している。

関連リンク

  • 9/29 12:23
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます