【難読】“しばめる”じゃない! 「縛める」の正しい読み方

拡大画像を見る

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「縛める」の読み方です。

“しばめる”じゃない? なんて思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「縛める」の読み方は?

「縛」は束縛、呪縛と読むので、“ばく”という読み方は知っている人も多いでしょう。

“しばる”とも読みますが、その場合の送り仮名は「る」になります。

では、送り仮名の「める」をつけてなんと読むのでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“いましめる”と読みます。

■「縛める」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「縛める」の意味は以下のように解説されています。

いまし・める【戒める/×誡める/▽警める/▽縛める】

[動マ下一][文]いまし・む[マ下二]

1 まちがいをしないように前もって注意する。教えさとす。「気を緩めないよう―・める」

2 してはいけないと命ずる。禁止する。「肉食を―・める」

3 同じ過ちを犯さないようにしかる。「嘘をついた子供を―・める」

4 警戒する。

「町々を―・めて歩く巡査の靴音」〈藤村・新生〉

5 (縛める)自由がきかないようにしばる。「盗人を荒縄で―・める」

6 忌み嫌う。

「人の―・むる五月 (さつき) は去 (い) ぬ」〈宇津保・藤原の君〉

自由がきかないようにしばる、という意味合いで使う言葉になります。

“いましめる”と聞くと「戒める」や「誡める」をイメージしがちですが、「縛める」とも書くんですね。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「縛める」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。「縛める」の読み方はわからなくても、漢字からなんとなく意味を想像できたかもしれないですね。

同じ読み方をするのに、意味や使われている漢字が違う言葉がいくつもあって、改めて日本語の複雑さを感じます。

(ななしまもえ)

関連リンク

  • 9/29 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます