毒ヘビと遭遇した2匹の犬 1匹は重傷でもう1匹は無傷だった理由が泣ける

拡大画像を見る

犬は、飼い主への忠誠心が強い動物といわれていますが、このほどお姉さん犬が弟犬を守るという出来事がありました。

オーストラリアのクイーンズランド州で2匹の犬と暮らすマデリン・ミルズさんはこの日、いつものように2匹を庭で遊ばせていました。

海外メディア『9News.com.au』によると、救急救命士をしているマデリンさんは、夜勤明けの昼寝から目覚めた時、異変を感じて庭の様子を見に行ったのだそう。

するとそこには毒ヘビのブラウンスネークがいて、メス犬のミリーが首や足などを数か所噛まれていたのです。

すでにミリーの体に毒が回っているのが確認できたため、マデリンさんは急いでミリーを動物病院へ連れて行きました。

解毒剤を投与されたミリーは、一時は危険な状態でしたが、無事に峠を越えられました。

Posted by Madeline Mills on Monday, September 6, 2021

ミリーはヘビに噛まれましたが、そばにいたオス犬のトンカは無傷だったのだとか。

5歳のミリーと、生後5か月のトンカは、実の姉弟のように仲よしなのだそう。

マデリンさんは「ミリーは身を挺してトンカを守ったのでしょう」と語っています。

Posted by Madeline Mills on Monday, September 6, 2021

入院から2日後、マデリンさんはトンカを連れてミリーのお見舞いに行きました。

そこでトンカはまるで「お姉ちゃん、ありがとう」というように、自分を守ってくれたミリーにじゃれついていました。

ミリーは4日目には退院し、順調に回復しているということです。

Posted by Madeline Mills on Wednesday, September 8, 2021

マデリンさんは仕事柄、これまでにブラウンスネークに噛まれた人を何度も見て来たそうですが、「自分の愛犬の身にそれが起きた恐ろしさは別物だった」と話しています。

彼女は今回の出来事をFacebookの地域のコミュニティページに投稿し、ヘビに対する警戒を呼びかけました。

投稿には「ミリーはなんて勇敢な女の子だ」「ミリーが早く元気になりますように」などの声が寄せられています。

自らの命を危険にさらしてまで、弟のトンカを守ろうした心優しいミリー。1日も早く元気になって、また2匹が一緒に遊べるようになるといいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 Madeline Mills9News.com.au

関連リンク

  • 9/29 11:45
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます