コンビニ3社の枝豆を食べ比べ!ビールに合うのは?

拡大画像を見る

こんにちは。シティリビングWeb編集部のあぼこです。

昨年から急に増えたおうち時間。今までほぼ外食、ほぼ毎日お酒を飲んでいた私ですが、家でお酒を飲むことがとても増えました。ただ、家で飲むとなるとおつまみも当然自分で用意しないといけないし、作るのも面倒だし…ということで、もともと好きだった枝豆をコンビニで買うように。
そこで今回はコンビニ3社(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)の枝豆食べ比べを実行!“枝豆にはビール”でしょ、と言うことで個人的見解のビールとの相性もレポートします。

ちなみに、普段はいろいろなコンビニで買うんですが、家から近い場所にあるのがセブンイレブンなので、セブンイレブンの枝豆が多くなりがちです。


まずは外観。見た目に違いはある?



こちらが3社の枝豆を出して並べたところ。見た目はほぼ変わりません。
あえて言うとファミリーマートは大きさが不揃いなものもある印象。ただ、それもそんなに気になるほどではなく、「並べてみると若干違うかな」程度。
ほとんど違いはありませんでした。

では、肝心の味には違いはあるのでしょうか?
どれも本当に美味しかったので、食べ比べした後の味の比較でレポートします。

ファミリーマート お母さん食堂“枝豆”



まずはファミリーマートの枝豆。こちらは105gで168円(税込)、97kcal。
食べてみると塩気は控えめで、甘さが引き立つ印象。
私の好み的には、ビールと言うよりは、おかずや完食として食べたい

ローソン“塩ゆで枝豆”



続いてはローソン。こちらは140gで160円(税込)、111Kcal。
自然な塩気と甘味で、一番優しい味。旨みもあるのでビールともあいます。
とても優しい味なので、おつまみの一つとして常備しておいたらどんなお酒にも合って万能そうです。

セブンイレブン“枝豆 沖縄の塩シママース使用”



最後にセブンイレブン。125gで170.64円(税込)、93kcal。
名前に“沖縄の塩シママース使用”と入っているくらいこだわりを感じます。
名前に塩が入っているだけあって塩気が一番強く、旨みも際立っている感じ。
塩気がしっかりあるので、個人的には一番ビールに合わせたいと思いました。
酒飲みの私としては枝豆とビールだけで十分いける感じです(笑)。

やっぱり3社とも美味しい! そのときの気分と組み合わせで選びたい。



今までどれも食べたことはありましたが、こうやって並べて食べ比べると違いがわかって面白い!

3社とも本当に美味しいので今まではなんとなく買っていましたが、おかずにあと一品ほしい時はローソン、小腹がすいたときのおやつが欲しいときにはファミリーマート、おつまみにはセブンイレブンなど、状況やそのときの気分で選ぶのも楽しそうです。

関連リンク

  • 9/29 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます