警戒心の強い女性でもガードを緩める「癒し系男子」の特徴9パターン

一緒にいるとホッとできる「癒し系男子」は、総じて女性ウケがいいようです。いったい彼らのどんな振る舞いが、世の女性たちの心を溶かしているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「警戒心の強い女性でもガードを緩める『癒し系男子』の特徴」をご紹介します。

【1】キャラ雑貨やアクセなど、女性が好きな「かわいいもの」に共感を示してくれる
「雑貨を見ながら盛り上がれる男子なら一緒にいても楽しい」(10代女性)というように、「かわいい」をキーワードに話せる男性に居心地の良さを感じるパターンです。かわいい系の知識に自信がある人は、日ごろから積極的にアピールするのもありでしょう。

【2】「元気ないね」など、ちょっとした変化に気づいてくれる
「しんどいときに『大丈夫?』とか一言かけられるとグッときます」(10代女性)というように、何気ない観察力が効果を発揮することもあります。エアコンの温度設定など、普通の男性が見逃しがちな「気遣いポイント」に敏感になりたいところです。

【3】どんなときもニコニコ笑顔を浮かべている
「落ち込んでいても、ほっこりした笑顔で癒されます」(20代女性)など、いつも穏やかなスマイルを浮かべる男性に癒しを感じる女性もいるようです。会話のうまさなどコミュ力を磨くより、まずは自分ならではの笑顔を再確認してみてはいかがでしょうか。

【4】「おはよう!」「お疲れ様」などの些細な挨拶を欠かさない
「日々の挨拶がきちんとできると、すごく信頼できる気がします」(10代女性)というように、当たり前のことを当たり前にこなす男性は、好ましく思われるようです。いつも元気な第一声が出せるようになれれば、自然に好印象を与えられるでしょう。

【5】女性特有の「エンドレスな愚痴」を優しく受け止めてくれる
「聞き上手を自認している男性でも、愚痴を延々聞いてくれる人は珍しい」(20代女性)というように、嫌な顔をせずに愚痴を聞いてくれる男性は得がたい存在に見えるようです。とにかく話に耳を傾け、女性の心に寄り添うように努めたいものです。

【6】何があっても声を荒らげず、穏やかなトーンでしゃべる
「早口だったり、ウェーイみたいなしゃべり方の人には、あまり心を許そうとは思わない」(10代女性)というように、癒し系のイメージは「言葉遣い」と密接に結びついているようです。女性に居心地の良さや信頼感を与えたいのであれば、落ち着いたトーンで話すことが望ましいでしょう。

【7】ウザくならないペースでLINEをくれる
「仕事で忙しいと、何の気なしに送ってくれるメッセージに癒される」(20代女性)というように、負担をかけない程度に連絡を入れてあげられると、女性に感謝されるようです。相手のリアクションを見つつ、ウザがられないペースでコンタクトしてみましょう。

【8】議論になっても否定せず、とりあえず最後まで言い分を聞いてくれる
「反論や否定で引っかからないから、気持ちよく話せる」(10代女性)など、意見が対立することがあっても、否定せずにひとまず女性を受け入れようとする姿勢は、好ましく映るようです。相手が明らかにおかしなことを言っているとしても、いったん「気持ちはわかるよ」と寄り添ってから自説を述べましょう。

【9】隙を見せてもガツガツ口説かない
「癒し系でいいなと思っていても、前のめりで口説いてくるとガッカリ。好印象だったぶん減点も多い」(20代女性)など、「あわよくば」という下心は確実に見抜かれてしまうようです。ガツガツと前のめりになるより悠然と構えていたほうが女性の信頼を獲得できるでしょう。

好感度の高い「癒し系男子」のイメージは一朝一夕に身につけられるものではなさそうです。イケメンでなくてもなぜか人を惹きつける男子を目指して、焦らずに努力していきましょう。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/29 11:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます