10歳少年がぬいぐるみをプレゼントし2歳児大喜び シンプルな優しさに母親は「涙が出そうだった」(英)

拡大画像を見る

英マージーサイド州セント・ヘレンズ在住のソフィ・クレハンさん(Sophie Crehan、24)は今月19日、同州ヘイドックにあるレストラン「Lymewood Farm」に息子ジョージ君(George、5)と娘フローレンスちゃん(Florence、2)を連れてディナーのために訪れていた。

同レストランにはキッズスペースがあり、ソフィさんはフローレンスちゃんを連れて遊んでいた。その隣にはクレーンゲームがあり、フローレンスちゃんは景品の紫色のぬいぐるみに一目惚れして強く欲しがったという。

娘のために一肌脱ごうとクレーンゲームに挑戦したソフィさんだったが、3回ほどトライしたものの全て失敗してしまった。

すると隣で10歳くらいの少年がじっと見ていることに気付き、順番待ちをしていると思ったソフィさんは「君の番だよ。どうぞ」と言って譲った。フローレンスちゃんのためにぬいぐるみを手にすることができず、ソフィさんは肩を落として食事のために席に戻った。

それからしばらく家族で食事を楽しんでいると、先ほどの少年が現れた。その手にはフローレンスちゃんが欲しがっていた紫色のぬいぐるみが握られており、「その子のために取ったんだ」と言って差し出したのだ。

まだ10歳の子どもであれば、自分で取ることができた商品は嬉しくて手放すのも惜しいはずだ。しかし少年はフローレンスちゃんがぬいぐるみを欲しがっていたのを見て、喜ばせようとプレゼントすることにしたようだ。

ソフィさんは少年の予想外の行動に驚き、「そんなことしなくていいのよ」と最初は受け取るのを断ったという。だが少年は「いいんだ。取れたんだから」と譲らなかったそうだ。

「本当に素敵な行動で、涙が出そうになりました」とソフィさんは感激しており、ぬいぐるみをもらったフローレンスちゃんも「ありがとう! ありがとう!」と大喜びしたという。そしてベッドで抱きしめながら寝るほどお気に入りのぬいぐるみになった。

その後、自分の席に戻っていく少年を見て、ソフィさんは2ポンド(約300円)を財布から取り出して「本当にありがとう」と言って少年に手渡した。彼の両親は目を丸くして「いったい何があったの?」と驚いており、ソフィさんは事の顛末を説明して「本当に素敵な子ですね」と伝えたそうだ。

10歳ながら大人びた優しさを見せた少年の行動を、ソフィさんが同地域のFacebookグループに投稿すると「なんて親切な男の子なの」「本当に素敵な話。自慢の息子だね」「親切で思いやりのあるニュースを目にできて良い気分だ」などのコメントが届いており、多くの人が心を打たれたようだ。

ソフィさんは「少年の両親がこの投稿を見て、息子を誇りに思ってくれることを願っています。少年はとても礼儀正しく、娘の一日を楽しいものにしてくれました。本当にありがとうございました。素敵な息子さんですね」と感謝の言葉をFacebookに綴っている。

画像は『Liverpool Echo 2021年9月21日付「Mum ‘tears up’ after young boy comes up to her in restaurant」』『The Mirror 2021年9月21日付「Mum left ‘nearly in tears’ after young boy’s kind gesture in a restaurant」(Image: Sophie Crehan)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 9/29 10:22
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます