「ぶりっこだけど…OK!」と思わせる小悪魔おねだり術9パターン

男性にお願いごとをするなら、かわいげのある言い方を心がけたいもの。いっそ、これでもかというほどの「ぶりっこなおねだり」をしたほうが、相手の心に響くかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『ぶりっこだけど…OK!』と思わせる小悪魔おねだり術」をご紹介します。

【1】「どうしてもダメ?」と上目遣いで相手を見つめる
「その表情はずるい!と思いながらも、つい応じてしまった(笑)」(20代男性)というように、物欲しげに男性を見上げてノックアウトする方法です。「あざといかな?」などと余計な心配はせず、渾身の「かわいい顔」で相手をメロメロにしてしまいましょう。

【2】「ねえねえ、これ欲しいなあ」と服の袖をツンツン引っ張る
「遠慮がちな様子にグッときて、『しょうがないなあ』とあっさり降参」(20代男性)というように、不意打ちの「袖ツンツン」に弱い男性は多いようです。この種の子どもっぽい振る舞いには、おねだりの図々しさをカモフラージュする効果もありそうです。

【3】「一生のお願い!」と腕に抱きついて体を押し付ける
「柔らかい物が当たって、条件反射的にOKしてしまいました…」(10代男性)というように、手っ取り早く了承を得たいなら、ボディタッチで攻めるのも手です。とはいえ、いつもこの方法だとインパクトが薄れるので、ここぞという場面で繰り出しましょう。

【4】「買ってほしいニャン」と猫っぽい仕草で甘える
「見え見えだけど、思わずニヤけてしまった」(20代男性)というように、たとえわざとらしくても、男性の目にかわいく映れば十分効き目がありそうです。ただし、相手が困惑しているのに「猫語」で押しまくっても引かれるのがオチなので、空気は読みましょう。

【5】「私に似合うと思わない?」と小首をかしげてアピールする
「好きな子に小動物っぽく『ね?』と問われたら、突っぱねるのは難しい」(20代男性)というように、小首をかしげる仕草も、ベタとはいえ威力は大きいようです。頭を傾けすぎて不自然になっていないか、事前に鏡の前で練習しておくと安心かもしれません。

【6】「叶えてくれたら泣いちゃうかも!」と期待に目を潤ませる
「涙目でおねだりされて拒否できる男なんていない気がする」(20代男性)というように、どうしても聞き入れてほしいなら、「女の武器」を使うのもアリでしょう。願いを聞いてもらえたら、頼んだとき以上に感激してみせて、涙にリアリティを持たせたいものです。

【7】「だってどうしても欲しいんだもん」とふてくされる
「そんな拗ねなくても…と笑ってしまった。大人の女性なのにかわいいですよね」(20代男性)というように、普段とのギャップを感じさせる振る舞いで、男性のハートを鷲づかみにする方法です。クールな印象を持たれている人ほど、効果が期待できそうです。

【8】「急に言われても無理だよね…?」と困り顔で同情を誘う
「『気にしないで』と言われて、逆に『俺に任せて!』とやる気になった」(10代男性)というように、一旦引き下がる素振りを見せると、かえって奮起してもらえるかもしれません。「すべて計算ずく」だと悟られないよう、女優ばりの演技でのぞみましょう。

【9】「こんなこと、あなたにしか頼まないよ」と照れてみせる
「自分にだけわがままを言ってくれてるのが嬉しくて、なんでも叶えてあげたくなった」(20代男性)というように、男性の「頼られたい願望」を刺激するのも効果的でしょう。「今度は私がお願いを聞いてあげる」などと提案して、ギブアンドテイクの関係を築きたいところです。

女性にはあざとく見える「ぶりっこ」ですが、男性のガードを緩める力は絶大なようです。なにかお願いごとがあるなら、小悪魔気取りで試してみてはいかがでしょうか。(安藤美穂)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 9/29 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます