嵐・相葉雅紀と櫻井翔「嵐の冠」継いだ2人の「パンツ・バク転・嵐ジュニア」の絆!「世紀のダブル結婚」

拡大画像を見る

 9月28日、嵐の相葉雅紀(38)と櫻井翔(39)がグループの公式ファンクラブサイトで2人同時に結婚発表。アイドグループとして前代未聞の出来事に、ファンだけでなく世間を騒然とさせた。

 明けて29日にはメンバーそれぞれからの祝福の声も寄せられ、二宮和也(38)、20年末に活動休止した大野智(40)、松本潤(38)からも2人の結婚についてのメッセージが発表された。

「大野は芸能活動から離れ、松本は役者路線に専念。二宮和也(38)も冠レギュラー番組『ニノさん』(日本テレビ系)はありますが、基本は役者がメイン。それに対して櫻井と相葉は、自分の番組に加えて、嵐の冠レギュラー番組だったバラエティ番組をそれぞれ引き継いでいます」(専門誌記者)

 櫻井は『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)を『1億3000万人のSHOWチャンネル』に、相葉は『VS嵐』(フジテレビ系)を『VS魂』として、それぞれ番組内容もリニューアルしつつ引き継いでいる。

 また、コロナ禍がなければ2020年に嵐全員で担当するはずだったNHKの「東京五輪スペシャルナビゲーター」も、大会の1年が延期し、嵐が活動休止したことを受けて、櫻井と相葉のコンビが責任を持って遂行した。

「グループ活動休止前から互いに『相葉マナブ』(テレビ朝日系)と『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)の冠番組を持っていることもあり、相葉と櫻井は嵐のバラエティ担当として活躍していましたが、松本と二宮をテレビで見る機会が減少したことで、本格的に嵐の代表ともいえる2人になりましたね。

 嵐はグループ全体が仲のいいコンビとして知られていますが、この2人もプライベートで仲が良かったんです。今回の同時結婚発表も、ある意味、必然だったかもしれません」(前同)

■「子ども達で嵐ジュニア作ろうぜ」

 2011年放送の『ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系)のスペシャル企画「俺の千葉」は、いまだにファンの間で語り草となっている。千葉県出身の相葉が、櫻井とキャンピングカーで男二人のドライブを楽しむ企画だ。ちなみに、嵐は相葉以外全員が東京都出身である。

「相葉が“2人で旅するのも『こんなの初めて』じゃない?”“『こんなの初めて』をいっぱい集めてみたの”というコンセプトで櫻井に楽しい夏休みをプレゼントしました。

 ちなみに車内で話していた“1番辛かった仕事”の話で櫻井は“濡れたYシャツはスカイダイビングで乾くのかっていう実験”と“1月の対馬で素潜りでアワビとサザエを獲るっていうロケ”を挙げており、過去に、思うように人気が出ずに身体を張ってバラエティ番組でキツい企画に挑戦し続けていた下積み時代を思い出していましたね」(前出の専門誌記者)

 海の家込みで南房総市豊岡海岸のビーチを貸し切りしてもらい、2人で人生初のサーフィンにも挑んだ。嵐は相葉以外は素のテンションが低めなイメージもあるが、この場面で相葉とサーフィンに挑戦する櫻井は「(帽子を投げ)テイクオフだな!」「行こうぜ雅紀! 波のある場所へ!」と実に楽しそうで、相葉もノリノリだった。

「ちなみにこの時点で、メンバーの結婚について櫻井は“案外松潤とか早いんじゃないかと思ってるけどね”としていたました。この予想は外しましたが、“40歳とかになってきたら、誰か子どもとかいるでしょ?”というのは、今年二宮がパパになったので結果的に的中しています。

 また、20代前半の頃は“将来さ、みんな子ども出来てさぁ、その子ども達で嵐ジュニア作ろうぜ”という話をしていたそうです」(前同)

■当時の「将来」が現在

 当時の櫻井と相葉は「将来の夢」について、次のように語っていた。

櫻井「ゆうたらさ、将来の夢だったものが今なんだよな」「17~18歳位に思ってた将来の夢っていうのがさ、結構今日だったり、明日だったりするんだな」

相葉「ってことは僕らが今から見る将来の夢っていうのは、40歳位なんだろうね」

「まさにアラフォーの現在が、その“将来”です。当時はみんな結婚の話なんてしておらず、相葉はもし結婚する際は電話やメールではなく、“メンバー一緒の日にさ、一緒の日に(仕事)終わった後に、『ちょっといい?』って言って『あのさ、オレ……結婚する!』”というのをイメージしていました。

 実際に、2人の結婚受けて二宮は“喫茶店で結婚を聞いたからコーヒーをおごった”と発言していましたし、その約束は果たされたということですよね」(前出の専門誌記者)

 そんな2人は、活動休止直後の今年前半でも、仲睦まじいエピソードを見せていた。

「相葉は、今年1月4日に体調を崩してしまいましたが、1月24日の『相葉マナブ』(テレビ朝日系)で、櫻井は直接顔は合わせなかったものの相葉の家に赴き、“翔ちゃんがフルーツとか、いろいろ持ってきてくれた”“管理人さんに渡してくれた”と明かしていました。

 そして、お返しにアンダーパンツ10枚をプレゼントするようにマネジャーにお願いしたそうですが、ここでも“知らない? 櫻井翔のパンツは、相葉雅紀がいつも支給してる。自分が履いて、これいいなと思うパンツをいつもあげてる“と新情報を明かしていました(笑)」(前同)

■自宅の住所を教えた=家族間の交流?

 2月20日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』で櫻井と相葉が久々に共演した際も、1月16日の同番組で櫻井がバック転に挑戦したことから、

「翔ちゃんがバック転に挑戦したでしょ? すごいことだよ。30代後半であんなに体張って。それを見ちゃったら、俺も本気で挑戦したいなって」「翔ちゃんの番組に出たら、それと同じくらいのことはするって決めてたの」

 とコメントをし、42.195キロのフルマラソンに挑んだ。ここでも、櫻井がバック転に挑戦するかどうか、唯一メンバーで相談したのが相葉だったことが明かされており、2人の関係の深さが分かる。なお、相葉は奮闘したものの30.21キロで足と精神に限界が来て、ギブアップした。

「そんな2人でしたが、意外にも相葉は櫻井の住所を最近まで知らなかったらしく、先述した2月20日の『SHOWチャンネル』で“ようやく住所教えてくれたから、そこに櫻井くんちに送れるようになりましたけど”としていました。これからもお互いの妻も交えた4人で夫婦生活の相談をしたり、いつかは子育てについて相談したり、これまで以上にお互い良き相談相手になっていくでしょうね」(前出の専門誌記者)

 当時の『千葉旅』で「嵐ジュニア」について2人は、

櫻井「こんなトコ(海辺)でさ、それぞれの家族がいて、誰か……例えば相葉くんが(料理)作って、ニノの子供とかが『クソマジ~よ』とか言って」「うちの息子がやたら移動時間と片付けの事にウルサイみたいな」

相葉「ぽいよね、全部チャーターしてるのは翔ちゃんのトコだろうな」

 と話していた。

 いつの日か語っていた嵐と嵐ジュニアの交流。もしかしたら、その夢にまた一歩近づいたのかもしれないーー。

関連リンク

  • 9/29 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます